FC2ブログ
タイで自在にロングステイ・長期滞在
タイの物価は日本の物価の1/3程度なので非常に暮らしやすい。物価だけでなく食べ物もおいしい。そんなタイでロングステイをしてみませんか?タイのロングステイ・長期滞在の楽しさをちょっとだけ伝えるブログです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイVATの還付方法





サワディーカップ!

タイのVAT(Value-Added Tax)はご存知ですか?

いわゆるタイの消費税(付加価値税)です。タイの消費税は7%ですが、タイで2000バーツ以上購入した消費税を空港で還付することができるんです。

タイでの旅行者は、タイ国内の同日同一店で購入した合計2,000バーツ以上の買物につき、7%の税金VAT(Value-Added Tax)分を帰国の時に空港で払戻してもらうことができます。

1330014631.gif
“VAT REFUND FOR TOURISTS” のロゴが表示されたお店で購入します。

同日同一店舗で購入した合計2,000バーツ以上のお買い物につき、VATの払戻し請求ができます。

お店で2,000バーツ以上購入したお店で購入日に、パスポートを提示し「VAT払い戻し申請書(P.P.10)」に必要事項を記入し、
「VAT払い戻し申請書(P.P.10)」と「税金請求書(TAX Invoice)」を受け取ります。

ここで注意ですが、空港で申請書類、パスポート、申請する購入品は スーツケースに入れずに必ず手荷物で持参ください。
購入品等を搭乗手続きするときスーツケースに入れてしまうと、後の祭りですからね。

また空港での払い戻しの手続きには時間を要する場合がありますのでいつもより余裕をもって空港に到着してください。
チェックイン前に


VAT還付1
「VAT REFUND FOR TOURISTS」マークのついているところに税関(Custom Inspection for VAT REFUND)があります。

VAT還付4
税関(Custom Inspection for VAT REFUND)のカウンターで、お店で受け取った書類(「VAT払戻し申請書(P.P.10)」と「税金請求書(TAX Invoice)」)と購入品、パスポートを提示します。
そして税関の職員にスタンプを押してもらいます。

VAT還付3
スタンプを押してもらったら搭乗手続きをするためチェックインカウンターへ行き、出国審査をすませます。そして写真の④へ向かいます。

vat払戻しカウンター
VAT払戻しのカウンター(VAT Refund Office Revenue Dept.)

再度お店で受け取った書類(「VAT払戻し申請書(P.P.10)」と「税金請求書(TAX Invoice)」)とパスポートを提示します。

高価な購入品はここでもう一度提示を求められる場合がありますので、空港職員の指示に従ってください。
確認が終わりましたら、同じカウンターで申請者にVATが払戻されます。

30,000バーツを超えない場合
タイバーツの現金
銀行小切手
クレジットカード口座への振込
30,000バーツを超える場合
銀行小切手
クレジットカード口座への振込


払い戻しにかかる手数料
タイバーツの現金:手数料100バーツ
銀行小切手:手数料100バーツ+銀行の小切手発行手数料及び郵便料金
クレジットカード口座への振込:手数料100バーツ+クレジットカード会社の振込手数料及び郵便料金
手続き時間:(8:30am~4:30pm)


スポンサーサイト

VAT REFUND





VAT REFUND

買い物をしたときVAT REFUND と書かれているお店を見たことがないだろうか?

VATとは付加価値税7%,いやゆる日本の消費税のようなものです。

タイに観光で来た旅行者は支払ったVAT税7%を還付することができるんです。

すなわちVATが還付される制度を『VAT REFUND』という。
還付されると結構大きな金額になるので払い戻しを受けよう。


高額商品を買う前にお店に『VAT REFUND』できるか確かめよう。もしできるのならお店で購入するときにパスポートを提示する必要があります。

高額商品を購入する時に『TAX INVOICE』と『VAT REFUND』申請用紙(ポーポー10)をもらうこと。

①~④に該当するのならVAT税の還付ができますので確認しよう!

①空路で出国すること。

②商品は購入後60日以内に空路でタイから出国すること。

③『VAT REFUND』と書かれている店で購入すること。

④購入金額が1日あたり一店舗2000バーツ以上 かつ 商品合計が5000バーツ以上であること。



スワンナプーム空港到着後、ターミナル4階の出発ロビーに向かいます。

①搭乗する空港会社のチェックインカウンターへ行く前にVATの還付手続きをすること。搭乗手続き前にVATの還付手続きを済ませます。

②VAT REFUNDとあるところへ行き『TAX INVOICE』と『VAT REFUND』申請用紙(ポーポー10)そして購入品を提示する必要があるので先に荷物を預けてしまわないよう注意しましょう。

必ず税関の職員にスタンプを押してもらいます。

搭乗する空港会社のチェックインカウンターで購入品を手荷物にすること。預けてはだめです。

②VATの還付手続きが終わったら搭乗手続きへ

③搭乗手続き終了後、出国審査を終えたらコンコースへ

出国審査をしたらその先にあるVAT払戻しのカウンター『VAT Refund Office Revenue Dept』で、再度お店で受け取った書類「VAT払戻し申請書(ポーポー10)」と「税金請求書(TAX Invoice)」)とパスポートを提示します。

確認が終わりましたら、同じカウンターで申請者にVAT税が払い戻されます。

VAT REFUND ←リンクしてあります。


DSC_0015.jpg

VAT REFUNDできるお店にはこのように書いてあるお店が大半だ。

1353863044820.jpg
スワンナプーム国際空港のVAT REFUND

1353863069458.jpg
VAT REFUND

1353866864664.jpg
空港にはやり方も書いてあります。

チケットカウンター
手続きが終わったら搭乗手続きへ

VAt還付
出国審査を終えて、空港のコンコースで現金を還付してもらいます。

エアポートリンクでバンコク市街への行き方@スワンナプーム国際空港





バンコク市街への行き方エアポートリンク編@スワンナプーム国際空港


エアポートリンクはタイのSRT(タイ国鉄道公団)が運営している高速鉄道で、空港と市内を結んでいる高速鉄道です。

タクシーでいけば40分~1時間ほどかかる空港までの道を、スワンナプーム国際空港とバンコク都内をエアポートリンクなら最短15分で空港に到着します。

エアポートリンクには急行Express Lineと各駅停車City Lineの2種類あります。

Express Line(急行列車)最高時速 160km/h 「スワンナプーム国際空港駅」から「マッカサ ン駅」をが約15分で走行し パヤタイ駅までなら18分 90バーツ

City Line(各駅列車)なら「スワンナプーム国際空港駅」から「パヤターイ駅」までをが約30分で走ります15~45バーツ

エアポートリンクの運行時間 06:00~24:00

下車する駅はMRTマッカサン駅かBTSパヤタイ駅を考えると思いますが、マッカサン駅の場合MRTへの乗り換えはかなり大変ですのであまりおすすめできません。

マッカサン駅から地下鉄の駅(ペッチャブリー駅)まで500mありますが、道が整備されておらずスーツケースとか持っている場合移動がスムーズにできないのでおすすめできません。

かりに地下鉄の駅まで移動できても、地下鉄の改札でのセキュリティーチェックがありますので、正直面倒この上ないですね。

空港 タクシー乗り場へ
エアポートリンク乗り場は地下1階にあります。

エアポートリンク改札へ
地下1階に行くとエアポートリンクの改札入り口に行きつきます。

エアポートリンク
エアポートリンク 赤色が急行Express Line

エアポートリンク各駅
各駅停車City Lineは青色

エアポートリンク内部
エアポートリンクの車内

スワンナプーム国際空港からバンコク市内への行き方 タクシー編





スワンナプーム国際空港からバンコク市内への行き方 タクシー編

もうすぐお盆休みなりますね。タイへ遊びに行く人が増えるシーズンになりました!

スワンナプーム国際空港からバンコクへの行き方を調べる人も多くなるシーズンだと思いますので、今さらかもしれませんが、バンコクへの行き方を掲載してみました。

今回はタクシー編です。

時間が限られている人にはタクシーでバンコクへ行くことをお勧めします!

タクシーはなんといっても楽ですし、速い!バンコク市街へはおおよそ30分で行くことができます。

ちなみにバンコクまでの費用ですが、スワンナプーム国際空港からBTSアソーク駅(バンコクの中心地)までの距離は28.4キロなのでメーター料金約170バーツ+50バーツ(サーチャージ)+70バーツ(高速道路)=約300バーツ~400バーツ(日本円で1000円~1300円程度)で行くことができます。

バンコクへの行き方←リンクしてあります。
タイのタクシー ←リンクしてあります。タイのタクシー相場が分かるようになっています。

a380 2
タイ国際航空のA380 総2階建ての超大型旅客機

イミグレーション
タイのイミグレーション 相変わらず混雑していますね。利用者からもクレームがかなり多かったらしく以前に比べちょっとましになったのですが・・・

空港 タクシー乗り場へ
イミグレーションで手続きが終わって出口に行くとこのように標識があります。
パブリックタクシーは下の階(FL1)にありますので下の階に降りましょう!

タクシー乗り場近く
下の階に降りるとパブリックタクシー乗り場があります。

タクシー乗り場への表札
public taxi という表札を目印に進みましょう!

タクシー乗り場案内
パブリックタクシー乗り場に着きました。

タクシー乗り場の様子
タクシー乗り場に来たら並んで待ちましょう!

タクシー受付
順番が来たら受付のお姉さんに行先を告げましょう!

タクシー いっぱい
タクシー乗り場には多くのタクシーがお客さんを待っています。

タクシー 運転手
行先を告げるとタクシー運転手がやってきます。受付の女の子に行先を告げても、タクシー運転手はおおよその場所しか把握しておりませんので、再度運転手に行先を確実に告げましょう!

タクシーチケット
受付の女の子がこのような紙をくれますので、ちゃんととっておきましょう!タクシーで忘れ物をしたりタクシー運転手とトラブルにあったとき取っておくと便利です。
原則タクシー運転手はメーターを使用してくれますが、もしタクシーを使用しないようでしたら注意しましょう!
また目的地着いたらにメーター料金とは別に50バーツ(サーチャージ)支払いましょう。

タイのタクシー
さぁ バンコク市内へレッツゴー!




プロフィール

タイでロングステイ 自在人

Author:タイでロングステイ 自在人
初めまして!自在人と申します。
自在人 の名前ですが、海外で暮らすこと(ロングステイ・長期滞在)を好きな時にしたいだけ『自在に』できる人になれるように名前を付けました。

1995年11月の海外旅行で初タイ。エキゾチックな文化に魅了される。
それから折を見てはタイへ行くことが仕事のモチベーションとなる。

ある時 パタヤのビーチでふと「タイに将来移住したいな」と本気で考えるようになったのが始まりです。


タイバーツ満員御礼両替所


タイでロングステイをするのならどの都市が良いですか

投票をすればタイでのロングステイ・長期滞在の人気エリアがわかります! タイのどの都市でロングステイをしたいですか?


旅行情報はトリップアドバイザー

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。


タイのホテルはアゴダで予約!

アゴダ予約ページ


タイ ロングステイ専門サイト

タイロングステイ


タイのエリア情報


タイの情報はこちら!


タイに関するブログはこちらでチェック!


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ ポチッとご協力をお願いします! ジモモ バンコク タイと日本のコミュニケーションサイト!タイ、バンコクで遊ぶ、タイ語を学ぶ、タイでの求人・求職、掲示板やお勧めクーポン情報


バンコクの天気

Find more about Weather in Bangkok (Don Mueang), TH


タイの時刻


自在人のつぶやき


最新記事


月別アーカイブ


検索フォーム


タイをもっと知りタイ!

このブログをリンクに追加する


QRコード

QR


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ相互リンクを受付けております。 連絡お待ちしております。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。