FC2ブログ
タイで自在にロングステイ・長期滞在
タイの物価は日本の物価の1/3程度なので非常に暮らしやすい。物価だけでなく食べ物もおいしい。そんなタイでロングステイをしてみませんか?タイのロングステイ・長期滞在の楽しさをちょっとだけ伝えるブログです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パタヤビーチが見えるお勧めスポット!





パタヤのセントラルフェスティバル6FにあるA&Wはご存知でしょうか?アメリカへ行ったことがある人なら知っている人は多いと思いますが、日本では沖縄以外知名度はほとんどありません。

6Fにあり海側にありますので、眺めが抜群です。パタヤの海を見ながらルートビアを飲むのも面白いかもしれません。ルートビアは見た目は黒生ビールなんですが、アルコールは一切入っておりません。ギンギンに冷えたジョッキにチェリーコークあるいはドクターぺっぱのような味の炭酸飲料を入れたジュースです。アメリカでは結構人気があるみたいですね。またアイスコーヒーも大ジョッキに入ってくるので迫力はありますね。ただ甘いので、甘いのが好きでないときついかもしれませんね。

あまりお客さんがいないのでとにかくパタヤでまったりとしたい人にお勧めスポットです。

パタヤでロングステイ・長期滞在は http://www.pattaya-longstay.com/

DSC_0141 (2)
パタヤセントラルフェスティバル6FにあるA&W

DSC_0303.jpg
ガラス張りの突き出た店舗なので眺めは最高です。

DSC_0302.jpg
大ジョッキにタイのアイスコーヒーです。味はご想像にお任せします。

DSC_0143 (2)
ギンギンに冷えたジョッキに入ったルートビアです。パタヤですが、アメリカンを感じます。

DSC_0140 (2)
眺めは最高です!パタヤのサンセット好きなかた多いのではないでしょうか?

DSC_0139 (2)
このデッキから見たパタヤの夕日!リゾートを感じますね・・・
スポンサーサイト

パタヤビーチロードソイ8にあるSailor Bar & Restaurant





パタヤ ビーチロードソイ8にあるSailor Bar & Restaurantはご存知でしょうか?ここは値段がとにかく安くてうまい!Tボーンステーキが120バーツ。ビール、ワインも50バーツ程度!

安くてうまいのでロングステイヤーの中では知る人ぞ知る穴場なのでしょう。あたりを見回すと年配の欧米人が多く見受けられます。パタヤのロングステイヤーなのでしょうね。

場所はビーチロードソイ8 ビーチロードソイ8をセカンドロードへ50メートルほど歩いて行くと左手にあります。
一見、ビアバーのように見えますが、ビアバーの奥へ行くとレストランがあるのでちょっとわかりずらいかも知れません。本当に穴場ですよ。

筆者はよくセイラーでちょっと腹ごしらえとビールを2杯くらい飲んでから近くの日本人が経営している子猫のおしりへ飲みに行きます。

DSC_0152 (2)
セイラーの看板です。一見するとビアバーの看板ですよね。

DSC_0151 (2)
この奥がレストランンのセイラーだ。ビアバーの中にあるんですね。

DSC_0149 (2)
ロングステイヤーばかりですね。それもそのはずです。ゴーゴーバーのビール代くらいでステーキを食べることができてしまうんですからね。

DSC_0147 (2)
Tボーンステーキです。付け合わせはフライドポテト、ジャーマンポテト、マカロニサラダと選べます。今回はマカロニサラダを選びました。120バーツです。日本円で約320円ですよ。このボリュームで!

DSC_0148 (2)
もちろんビールも安い!45バーツ!日本円で約120円

パタヤのView Talay 6 Condo シービューサイド側





パタヤのビュータレー6コンドはナクルアサイドとシービューサイドの部屋があります。一般的にシービューサイドは海が見えますので、シービューサイドのほうが家賃が高いです。

ではどんな感じなのか写真でご案内します。

DSC_0247 (2)
長い廊下が続きます。部屋番号を忘れないように!

DSC_0277 (2)
ナクルアサイドの部屋とだいぶ内装が違いますね。それぞれ所有者が違いますので、オーナーの好みによって雰囲気が違います。よって家賃もオーナーにより違います。

DSC_0276.jpg
この海に沈むサンセットを見ながらビールを飲むのもいいですね。今年からパタヤの文字がライトアップされるようになりました。

DSC_0284 (2)
パタヤ市街の様子。

DSC_0286 (2)
この景色はいつ見ても良いですね。パタヤには何かがありますね。

DSC_0288.jpg
ビュータレー6の目の前はビーチが広がっておりますが、ビーチロードからは出入りできません。ちょっと残念ですね。

1335244611608.jpg
事務所です。基本的にここはコンドミニアムの売買に対応していて他のことはあまり関知していないそうです。

1335244617005.jpg
3Fにはさまざまなお店や会社が入居している。

1335244636909.jpg
カフェがあります。ちょっとカフェで休憩でもしてみましょう。

1335244835182.jpg
長期滞在者の憩いの場になっていますね。

パタヤ ビュータレー6(View Talay 6)のコンドミニアムに泊りました。





パタヤ ビュータレー6(View Talay 6)はパタヤでとても有名なコンドミニアムです。場所はセントラルフェスティバルパタヤの隣にあるので、ロングステイヤーなら一度はこのコンドミニアムを借りるかどうかを考えたことのあるんではないでしょうか。なんて言っても目の前はビーチですし、となりはセントラルフェスティバルパタヤそしてナイトスポットが徒歩圏内にたくさんあります。

最近はロシア人が大挙してパタヤのあらゆる物価をあげていますが、このパタヤ ビュータレー6(View Talay 6)の家賃もかなり上がってしまっているようです。48平米で20000バーツ/月から25000バーツ/月と言ったところではないでしょうか?

ホテルとして借りることができますので、泊ってからじっくり考えても良いのではないでしょうか?

パタヤ ビュータレー6(View Talay 6) のホテルをリンクしておきました。良ければ予約してみてください。

DSC_0291_convert_20120427221721.jpg
セカンドロードからView Talay 6 Condoが見えます。となりにはセンタン(セントラルフェスティバルパタヤ)があります。

DSC_0293_convert_20120427221753.jpg
View Talay Condoはパタヤで8棟あります。

DSC_0244 (2)
3Fにはたくさんのマッサージ屋、ランドリーショップ、旅行代理店、レストランそしてコーヒーショップがあります。

DSC_0291 (2)
プールは結構広いですね。ファランでいっぱいです。

DSC_0285.jpg
エレベーターは3基あります。部屋数の割にエレベーター数が少ない気もしますが、ここはタイですからね・・

DSC_0241 (2)
部屋はシンプルです。このコンドミニアムは所有者の好みにより部屋の内装がだいぶ違います。

DSC_0230+(2)_convert_20120427223115.jpg
清潔なお部屋です。エアコンの効きもいいですね。

DSC_0231+(2)_convert_20120427223137.jpg
洗面室

DSC_0232+(2)_convert_20120427223308.jpg
お湯はしっかり出ますが残念ながらバスタブはありません。

DSC_0233+(2)_convert_20120427223241.jpg
キッチンは充実しておりますね。

DSC_0234+(2)_convert_20120427223338.jpg
備え付けのテレビはオーナーによって違いますからね。

DSC_0236+(2)_convert_20120427223419.jpg
ベランダからの眺めです。こちらはナクルアサイドです。今パタヤはコンドミニアムの建築ラッシュです。

キッチン新潟へ行ってきました。





プロンポンのキッチン新潟へ行ってきました。

ロングステイヤーには欠かすことのできない日本の味!とくに安くておふくろの味が楽しめるキッチン新潟はバンコクのロングステイヤーのみならず駐在員や現地採用者にも人気がある定食屋だ。

本日はとんかつ定食とごはんセットを頼みました。とんかつが120バーツでごはんセットが70バーツほど!

キッチン新潟
営業時間 ランチタイム 11:30~13:30 平日 17:00~25:00
                    日、祝日 17:00~23:00

DSC_0377.jpg
入口はちょっとわかりづらいかも・・

DSC_0376.jpg
とんかつセット 日本円で約500円ほど

有名なクワイチャップを食べに行きました。





BTSアヌッサワリーチャイにあるクワイチャップを食べに行きました。

ここのクワイチャップはタイ人の間では結構有名らしく、さっそく噂を聞いて食べに行ってきました。

BTSアヌッサワリーチャイ駅(戦勝記念塔)はロータリーなのでどこだとおっしゃると思いますので、わかりやすく言うと北を0時だとすればちょうど4時ころの位置にあります。

クワイチャップとは簡単に言うとモツのスープにクルクルまいた米麺で中国が発祥らしい。

クルクルまいた米麺に内臓のトロッとしたスープをかけて食べますスープは八角など漢方風の香りもする。

ゆで卵や動物の血を豆腐状に固めたものなども入っていて滋養満点です。ちょっと胃が疲れたときいい料理ですね。

DSC_0133.jpg
アヌッサワリーチャイ(戦勝記念塔)駅は夜になるとマーケットになる。タイ人がお客さんなのでかなり割安で品物を買うことができる。

DSC_0134.jpg
夜なので人でいっぱいだ。

DSC_0136.jpg
アヌッサワリーチャイ(戦勝記念塔)周辺には学校等が多く集まっているので学生さんでいっぱいだ。

DSC_0137.jpg
このあたり一帯がクワイチャップ屋だ!おいしいのでお客さんでいっぱい!

DSC_0138.jpg
クワイチャップ!30バーツです。アイスティーも注文!


バンコク 最高に暑いです。





さきほどバンコクのエカマイにある電光掲示板を見たんですが、なんと気温は「40℃」とありました!

夕方ですがとにかくバンコクは暑いです。

DSC_0294.jpg
17:30分ですがこの暑さです。日中はどれほど暑かったのか・・

プロンポンにあるキッチン新潟へ行ってきました。





キッチン新潟はプロンポン駅から歩いて1分程度のところにあるのでロングステイヤーには通いやすい定食屋さんなのではないだろうか。タイに長期滞在をするとなるとどうしても日本食が恋しくなってしまう。しかし、大戸屋や他の日系レストランは大抵VAT税7%とサービス料10%を取るので、メニューに書いてある値段よりだいぶ高くなってします。

そんなとき懐にやさしくておいしい家庭料理を食べられる食事処『キッチン新潟』は非常にありがたくよく利用させてもらっています。

外観は駅近にもかかわらずわかりにくいので、店内に入ると日本人だらけなのが印象的です。駐在員さんの姿もちらほら見かけますね。社名が入った作業着を着たサラリーマンも大勢見かけます。

ただ日本食料理やだとわかりやすくすれば、場所もよくて大戸屋に比べ値段が安いのでタイ人がたくさん来そうな感じもします。

本日は、人気の特性ハンバーグ(150バーツ)を注文しました。
大きなハンバーグで食べてみるととてもジューシーでデミグラスソースも酸味の味がしてとてもおいしいです。また味噌汁も本格的で、日本人で良かったと思う瞬間ですね。

VAT 込 / サービス料 なしなので本当に良心的です。
プロンポン駅周辺情報は←から

キッチン新潟

Tel :   02-258-6812
Address : 692 Sukhumvit Rd(ソイ24と26の間)
営業時間
月~土    11:30 ~13:30 17:00 ~25:00
日・祝祭日  11:30 ~13:30 17:00 ~23:00

DSC_0377.jpg
タイ人はきっとカラオケ店だと思っているんだろうと思われる地味な外観。

1335011625096.jpg
特製ハンバーグとごはんセット

1335011777128.jpg
友人が頼んだサバ焼き

バンコクメトロMRT終着駅バンスーへ行ってきました。





本日は特に何もすることがないのでバンコクメトロの終点駅バンスーへ行ってきました。

以前からバンスー駅周辺には何かあるのかなぁ?と気にはなっていましたが、用事がまったくありませんので今迄行くことはなかったのですが、とうとうバンスーの駅周辺を見に行きたくなってしまいました。

 バンスー駅はバンコクメトロ(地下鉄)の終点です。ちなみに正式名称はMRT (Mass Rapid Transit)と言います。

 バンコクの地下鉄の改札入り口付近にはかならず日本とタイの国旗があるプレートを見にすることができる。
実はバンコクの地下鉄事業の大半は日本からの円借款で実施しているので、その感謝のしるしにプレートを掲載しているらしい。

 バンスー駅へついて長い通路を歩いてようやく地上にでました。タイ国鉄と接続しているということですが、小道一本隔てて確かに接続しています。

 どこかの田舎のような風景にちょっと驚かされますね。タイは進んでいる部分も持ち合わせていますが、交通インフラは正直言ってかなり脆弱です。そもそも地下鉄の車両がたったの3両編成ですからね。

 最近思いますが、BTSの混雑ぶりには閉口しますね。距離と乗降客数が少ないのにシーロムラインは4両編成で、距離が長く乗降客数が断然多いいスクンビットラインは何故か3両編成!

アメージングタイランドってことですね。

バンスー駅表札
MRTバンスー駅です。

バンスー駅にある円借款プレート
円借款で作られたので感謝の意を表してプレートが掲げられています。

バンスー駅ロータリー2
バンコク都内なのにこの殺風景とした駅前!天下の国鉄駅ですよ!?

バンスー駅ロータリー1
バンスー駅ロータリーの風景!何もありませんね。

DSC_0358.jpg
タイの鉄道のホームとレールの段差はわずか10センチほどしかありませんので、まるで道路と歩道を行き来するような感じです。東京の山手線でこのようなホームならどれほどの犠牲者が毎年出ることでしょうか?

国鉄バンスー駅表札
バンコク都内のはずですが、本当にのどかな風景ですね。

バンスーSCG本社
サイアムセメントグループSCG本社があります。

オンヌット スクンビットソイ50を歩いてみよう!②





オンヌット スクンビットソイ50を歩いてみよう!の続きです。

オンヌットはプロンポン・トンローに比べだいぶ家賃が割安になる地域なので、バンコクでロングステイ・長期滞在をするひとにはお勧めのエリアです。

オンヌット駅直結のテスコロータスやオンヌット駅前のタラート(市場)そしてビックCなどがありますので全体的に物価は安いと思います。

オンヌット駅周辺はとにかくコンドミニアムの建設ラッシュで駅半径300メートル内に3つのコンドミニアムが建設中なんですから、さらにオンヌットに魅力的な物件が出てくるんでしょうね。

今回はMethvanont manorというアパートからThe Waterford Sukhmvit 50までの道のりをご紹介します。

この2つのアパート・コンドミニアムは、どちらも部屋が広くてゆとりあるつくりになっておりますのでお勧めです。

DSC_0130.jpg
Methvanont manor アパートです。広さと設備の割には割安物件です。屋上のプールやフィットネスがリゾート感を醸し出しています。

DSC_0109.jpg
このMethvanont manorアパートの横の小道から奥へ行く。

DSC_0111.jpg
The Waterford Sukhmvit 50の入口です。

DSC_0113.jpg
The Waterford Sukhmvit 50へはここから500メートルほど歩いた場所にあります。

DSC_0114.jpg
右側にThe Waterford Sukhmvit 50看板が見えますね。正面がThe Waterford Sukhmvit 50です。BTSからも見ることができます。

DSC_0115.jpg
行く途中にある平屋。どことなく日本を感じます。

DSC_0116.jpg
タイの戸建てって結構立派ですよね。日本とは違い、相続税、固定資産税がないので、ゆとりのある戸建てが多いことに気づかされます。

DSC_0117.jpg
一般的な戸建てなのだろうか?

DSC_0118.jpg
警備員が警備室を過ぎたらようやくThe Waterford Sukhmvit 50です。

DSC_0119.jpg
閑静なアパート・コンドミニアムといった感じがします。タイ人家族が閲覧に訪れていましたね。スタッフの説明を聞いていました。

DSC_0120.jpg
デベロッパーはトロピカルリゾートを意識しているとのこと。このThe Waterford Sukhmvit 50の裏にもさらにコンドミニアム群を所有しているらしく他にも、ゴルフ場も経営しているらしい。

DSC_0674.jpg
夕暮れのオンヌットです。

本場ドイツ料理Bei Ottoへ行ってきた。





バンコクでおいしい料理を食べに行こうと思った時困ることはありませんか?
そんなときアソーク駅プロンポン駅の中間にあるベイオットーBei Ottoは超お勧めです。

日本だと本場ドイツ料理を食べる機会はあまりないとは思いますが、タイなら本場料理を割安に食べることができるんです。タイに訪れているドイツ人は結構多くいるのでおいしいドイツ料理に巡り合う機会もぐっと増えるのがタイの魅力でもある。

場所はスクンビット20にありスクンビット沿いに黄色いベイオットーの看板が見える。ソイの奥に行くこと100メートルほどでたどり着くことができる。

ベイオットーのオーナはもちろんドイツ人。オットー氏は1984年に開業したらしい。お店の壁には一面とオットー氏とお客さんの楽しそうな写真をいくつも見ることができる。

肝心の料理だが、ウィンナー料理270バーツ ビアシン生0.5ℓ140バーツ ドイツビール生0.5ℓ 200バーツ
を注文。

最初ビアシン生をオーダーしたのだが、やはりドイツ料理にはドイツビールが一番合うということを忘れて注文してしまいました。

ウィンター料理だが、かなりボリュームがあります。ウィンターも大きいのですが、マッシュポテトが結構ボリュームがあります。

見た目からもおいしいそうなんですが、実際に食べると「うまい!これが本場ドイツ料理なのか~」とうなるくらいです。本場ドイツ料理に舌鼓でね。

付け合せのパンもドイツ特有の塩が聞いたパンですが、おいしかった。

そして最後にドイツビールを注文!やはりドイツビールが一番合いますね。

このベイオットーはパタヤのナクルアソイ29/1に支店があるらしい・・ドルフィンロータリーをさらに500mくらい北に行ったところだ。vat7%はかかりますので。


来週パタヤに出かける予定があるので、偵察に行ってみようと思う。

ちなみにサービス料10% 

Bei Otto
1, Soi 20 Sukhumvit-Road
Sukhumvit Road,
Khlongtoey Bangkok 10110
Tel: 02-2620892, 02-2600869
Fax: 02-2581496

営業時間 11:00~24:00

DSC_0088.jpg
スクンビット通りソイ20沿いに看板があるのでソイへ行ってみよう。

DSC_0089.jpg
黄色い看板Ottoが見えてきました。

DSC_0090.jpg
オープンテラスでも料理を楽しむことができる。

DSC_0092 (2)
店内は雰囲気が非常に良いですね。ゆっくりとくつろげる空間です。

DSC_0093 (2)
まずはビアシン0.5ℓ生を味わって、ドイツのパンで舌鼓を打つことにしましょう。

DSC_0094.jpg
パンはベーカリーが併設してあるだけあっておいしいです。

DSC_0095.jpg
かなりボリューム満点。でもめちゃうまいです。デミグラスソースとマッシュポテトが絶妙に絡み合いおまけにプリッとしたソーセージ最高です。

DSC_0096.jpg
やっぱりドイツ料理にはドイツビールが一番合いますね!ジューシーなビールです。



「生活が苦痛」 タイ1%、日本10% ギャラップ調査





「生活が苦痛」 タイ1%、日本10% ギャラップ調査

以下Newsclips be より転載しました。

2012/4/20 (00:10)| インドシナ カンボジア シンガポール トップニュース ベトナム マレーシア 社会
【タイ】米調査会社ギャラップが2011年に146カ国・地域の15歳以上に自分の生活への評価を聞き、「好調」「苦労」「苦痛」の3段階に分類した調査で、生活が「苦痛」とされたのは全体の13%だった。

 「苦痛」の割合が25%以上だったのは18カ国で、ブルガリアが45%と最も高かった。ネパールは31%、アフガニスタンは30%、カンボジアは26%だった。

 「苦痛」の割合が3%以下だったのは24カ国で、ブラジルが1%以下、タイ、カナダ、ルクセンブルク、オランダ、アラブ首長国連邦は1%だった。

 欧米主要国は米国3%、英国、フランス4%、ドイツ5%、イタリア6%、スペイン7%、ロシア19%。

 アジアの主要国は日本10%、中国12%、韓国7%、マレーシア6%、シンガポール5%、インドネシア9%、ベトナム5%、フィリピン17%、インド24%――など。

picture_27255211551.jpg
ルーイ県の奇祭 ピー・タ・コーン(ผีตาโขน) 毎年6月頃行われる(毎年、日にちが変わる)

オンヌットSukhmvit 50を歩いてみよう!





オンヌット駅周辺は、バンコクでロングステイ・長期滞在をしたいと思っている人にはかなりお勧めできるエリアだ。

なぜなら

①駐在員が多く住んでいるプロンポンやトンローまでBTSで一本で行けるしおなじスクンビット通りなので何かと便利。

②テスコロータスやビックCなど大型スーパーがあるので買い物に便利。

③プロンポンやトンロー地区に比べ家賃が大幅に安くなっている。

④スワンナプームやパタヤへ行くのに便利な立地!

⑤マッサージ代が安い!タイ式マッサージがなんと1時間100バーツ!

と理由がたくさんあります。

今回紹介するスクンビット 50は 比較的アパート・コンドミニアムがそろっているので散策してみることにしました。

ちなみに去年洪水でスクンビット50は一部冠水しましたのであしからず・・

コンドミニアム物件の詳細は 筆者のホームページ www.zizaizin.com バンコクアパート・コンドミニアム編に掲載しております。

DSC_0098.jpg
テスコロータスオンヌット店の前にある道が Sukhmvit 50だ。テスコの目の前にコンドミニアム建設中!今スクンビット50はとても熱い!

DSC_0099.jpg
THE LINK Advance Sukhumvit50は 1bed 42㎡ほどで月15,000バーツほどから借りることができる。studioはもっと安く借りることができる。

DSC_0101.jpg
フィットネスやプールもついています。

DSC_0105.jpg
緑が結構ありますね。モーターサイ(バイクタクシー)も頻繁に通っているので便利です。

DSC_0103.jpg
Fair Towarです。古い内装ですが広い割には値段が安いアパート・コンドミニアムです。2ベット80㎡で15,000バーツ

DSC_0106.jpg
脇道はこんな感じです。スクンビット通りとは打って変わって閑静な住宅街ですね。

DSC_0107.jpg
ちょっとした商店も何軒か営業しております。

DSC_0108.jpg
Methvanont Manor(アパート) の前にはセブンイレブンがありますので便利

DSC_0111.jpg
The Waterford Sukhmvit 50の入口です。結構地味な入口ですね。次回のブログではここの奥を紹介します。

DSC_0125.jpg
Methvanont Manor アパートです。夫婦でロングステイをするにはおすすめです。

オンヌット テスコロータスのフードコートへ行ってきました





オンヌット テスコロータスのフードコート(クーポン食堂)へ行ってきました。

テスコロータスはBTSオンヌット駅から直結しておりますのでよくテスコには買い物をしに行きます。
テスコでは食料品のみならず衣料品も非常に安く販売しておりますので、ロングステイ派には重宝するスーパーではないでしょうか。

フードコート(wikipedia)とは: フードコート (Food Court) は、隣接する多様な飲食店のブース及びセルフサービス形式の食事のための屋台共有スペースを提供する屋内型広場である。

タイの場合飲食店のブースでお金のやりとりをすることはなく、事前にクーポンを購入してからブースで食事をオーダーするシステムです。もちろん使い切らなかったクーポンは、クーポンを売っているレジに渡せばお金が戻ってくるシステムなので安心だ。

目安は一人の場合は100バーツ程度のクーポンを購入しよう。

DSC_0099.jpg
テスコロータス オンヌット店

DSC_0375.jpg
ブースです。食べ物の種類別にブースが分かれています。

DSC_0374.jpg
タイのフードコートやファストフード店は食べ終わった食器類はそのままで良いので非常に楽ちんだ!

DSC_0372.jpg
ラートナー・ムー ラートナーとはあんかけ ムーとは豚 いわゆるあんかけ焼きそばみたいな味で見た目と違いかなりおいしい。辛いのが苦手な人でもこれなら「いける!」 45バーツ(約120円)

DSC_0373.jpg
友人はカオマンガイをオーダー 35バーツ(約93円) 蒸し鶏ごはん。下のご飯も鶏のスープで炊いてあります。実はかなりカロリーが高いので、食べすぎには注意が必要だ。

プンナウィティ駅(BTS)から見えるワット・ダマモンコル





プンナウィティ駅(BTS)から見えるワット・ダマモンコルへ行ってきました。

プンナウィティ駅は去年にBTSスクンビットラインが伸長してできた駅なのであまりご存じない方も多い駅ではないでしょうか。プンナウィティ駅は観光客はまずいかない、タイローカルを満喫できるエリアなのです。

そんなプンナウィティ駅まで行くとふと遠くに見える巨大な仏塔が見えますので気になった方は結構いるのではないでしょうか。もちろんその仏塔は観光ガイドブックには決して載らない仏塔なので存在も知らない方も多いはず。

その仏塔の名は「ワット・ダマモンコル」。ちょっと歩いてみます。

プンナウィティ駅
プンナウィティ駅

DSC_0292.jpg
遠くに巨大な仏塔が見える。

プンナウィティ@city 2
バンコクで中間所得層が急増している。こうしたコンドミニアム(@ City Condo)が飛ぶように売れていく。

プンナウィティ s&s2011年9月17日18時6
プンナウィティ駅周辺のソイへ行くとこういったコンドミニアム(S & S Sukhumvit 101/1 )が垣間見ることができる。

DSC_0475.jpg
ちょっと裏へ行くと新築のコンドミニアムと対照的だ。どちらが本当のバンコクの姿なのだろうか?

DSC_0476.jpg
ようやく目的地に着きました。ワット・ダマモンコル!

DSC_0479.jpg
敬虔な仏教徒タイ人の参拝がひっきりなしでした。

DSC_0480.jpg
日も暮れてきました。さぁ帰るとしますか・・・

DSC_0484.jpg
ワット・ダマモンコルの表通りはちょとした商店街のようになっています。

DSC_0485.jpg
駅前の市場には屋台がたくさん出ていました。

ターミナル21(BTSアソーク駅)へ行ってきました。






アソーク駅に直結している大型商業施設ターミナル21へ行ってきました。

アソーク駅にあるターミナル21は各国のイメージをした商業施設なのだが、どちらかというと日本のイメージが強い。イベントも日本のアニメや特産品など多く行っているのを見ると タイ人は日本が好きなんだなぁと感心させられる。

 ターミナル21は日本でおなじみのお店が結構入居しているのも特徴だ。

 モーモーパラダイス、牛丼の吉野家、ちゃぶやとんこつ、カレーハウスココ壱番屋、大戸屋、福生れの哲麺など

 ロングステイをする方がもっとも悩む問題は

①医療・病院
②言葉の壁
③日本食の問題

 だろうがタイでは上記の3つは問題なくクリアできると思いますよ。
①は日本語が通じる病院はバンコク、チェンマイそしてパタヤにはありますし
②英語、タイ語ができない方でもリピーターになっているのをみると言葉の壁はあまり問題ない
③タイ人は日本食が大好きで、今迄はなんちゃって日本食ばかりだったが、最近は本格的な日本食が流行している
 ので日本食もあまり問題ないと思います。

 タイで今一つロングステイに踏み出せない方は短期でもいいので視察旅行でもいかがですか?
ロングステイ・長期滞在専門サイト!タイへ自在にへ!www.zizaizin.com チェック!

DSC_0039 (2)
BTSアソーク駅から直結しているので非常に便利なターミナル21 21とはスクンビットソイ21から名前を取っています。

DSC_0093.jpg
牛丼の吉野家

DSC_1074.jpg
ごはん処 大戸屋

DSC_1075.jpg
カレーハウス CoCo壱番屋

DSC_1076.jpg
フードコート 屋台で注文は結構大変だがここなら指を差せば通じますよ。

BTSアソーク駅 ターミナル21へ行ってきました。






アソーク ターミナル21へ行ってきました。

 もうすでにアソーク駅のターミナル21へ行ったことがある人は多くなってきていると思います。

改めてターミナル21を説明しますと、ショッピングセンター ターミナル21はは国際線空港内のショッピングモールを意識した造りになっており、フロアごとに目的地となる雰囲気が決められています。

1st Floor(日本式にいえば3階)は東京
2nd Floor(4階)はロンドン
3rd Floor(5階)はイスタンブール
レストラン街はサンフランシスコをイメージしているみたいです。

 新しい建物なのですべてがきれいに見えますが、ちょっと古くなるとチープに見えるかもしれません。

筆者が個人的にすごいと思ったことは、吹き抜けのエスカレーターです。何か大きな事故にならなければよいと不安になっているのは私だけでしょうか?

 あと短期旅行者にとってうれしいのは受付カウンターで「フリーwife」と言ってパスポートを提示するとタダでネットが使えます。スマートフォンなど持ってれば、メールチェック等できるので重宝する場所になるかもしれませんね。

DSC_0034 (2)
アソーク駅に直結しているターミナル21 ショッピングモールだ。

DSC_1065.jpg
かなり長いエスカレーターだ。

DSC_1067.jpg
高所恐怖症の人にとっては怖い場所になるのかもしれませんね。

DSC_1060.jpg
ターミナル21はガラスを多く使用している特徴的なデザインです。

DSC_1068.jpg
アジアンテイストな照明ですね。

DSC_1061.jpg
ターミナル21はには広々とした空間があります。

DSC_1062.jpg
フリーwifeが使用できます。パスポートは忘れずに!

DSC_1069.jpg
4Fのロンドン 

DSC_1070.jpg
遊園地みたいな感じでとても楽しいですよ

DSC_1071.jpg
3Fの日本をイメージした階です。日本というより駅名が山手線なので山手線をイメージしているのか?

DSC_1072.jpg
巨大な招き猫だ。これだけ大きいと商売繁盛するのだろう。

DSC_1073.jpg
鳥居がありますね。



インペリアル・ワールド - サムローン へ行ってきた。





インペリアル・ワールド  サムローンへ行ってきました。どこにあるの?と言われるかもしれませんが、簡単に言うとBTSベーリン駅で降りてソンテオで2キロほど南へ行ったところに巨大なショッピングモールがあるんです。
Imperial Worldと書いてあります。

 実はこのショッピングセンターのある場所はバンコクではなく隣の県のサムットプラーカーン県にあるのです。日系工場など周りにはかなりありますので知る人ぞ知るかもしれませんね。
バンコクより値段が安いので週末になるとかなり人であふれかえります。

しかもミニコンサートをよくしているらしいです。タイのちょっとした有名人も歌うらしいので要チェックです!

ただ商品はかなりバンコクより見劣りします。何故か懐かしい感じをさせるショッピングセンターです。

インペリアル・ワールド  サムローン
住所: 999 M.1, スクンビット通り, サムローンヌア, サムットプラーカーン市(ムアン), サムットプラーカーン県
DSC_1051.jpg
ここが巨大ショッピングモール インペリアル・ワールド  サムローンだ!

DSC_1052.jpg
歩道橋はかなりタイローカルを感じさせてくれる。

DSC_1053.jpg
中に入るとこんな感じです。雑貨など販売しております。かなり地元チックです。

DSC_1054.jpg
犬が売られています。

DSC_1056.jpg
ちょっとMBKに似ていますね。値段は少しバンコクより安いです。

DSC_1057.jpg
BIGーCもあります。


ラチャダーにあるMANSION7へ行ってきました。





ラチャダーソイ14にあるお化け屋敷 MANSION7へ行ってきました。

最近暑いので涼でも楽しもうとお化け屋敷へ行くことにしました。

ただ残念ながらソンクランなので休日だということです。みんなが休みなんで稼ぎ時だと思いますが、仕方ないですね。
途方に暮れてとなりにあるムーガタで腹ごしらえして帰ることにしました。

ムーガタとは鍋(=ガタ)と豚肉(=ムー)という意味です。

日本の寿司・焼肉食べ放題のようなもの。鍋には焼くための鉄板(豚肉・鶏肉・海鮮食材用)と茹でるための鍋(野菜類・麺類用)が一体になっています。辛いムーガタのタレに漬けてから食べかんじです。

ブティック・スリラー・モール・マンション7
244/7 Ratchadaphisek Rd
11:30~24:00
入場料320バーツ
0-2692-6311

DSC_0073.jpg
Mansion7 ラチャダー通りを通ったことがある人はこの建物を見て「なんだろう?クラブかな?」と思ったことがあるだろう。

DSC_0074.jpg
なかはかなり広い。

DSC_0075.jpg
入口は営業しているがお化け屋敷だけは営業していないらしい。

DSC_0076.jpg
レトロを感じさせてくれる。

DSC_0078.jpg
ビリヤードもできる。

DSC_0079.jpg
お化け屋敷の雰囲気がしてきましたね。残念ながらお化け屋敷は営業していませんのでここまでです。

DSC_0080.jpg
となりにあるムーガタ屋129バーツ(豚肉のみの場合)

DSC_0081.jpg
お客さんが結構いますが、暑いです。暑いうえに炭焼きや鍋で食べるんですから・・・

DSC_0083.jpg
安い肉がたくさん陳列しております。

DSC_0084.jpg
タイの人はこういうお店が好きなんですかね。

DSC_0085.jpg
この鍋に野菜やお肉を載せて食べます。日本の焼肉とはだいぶ違いますね。

DSC_0087.jpg
こんな感じです。お肉に油がたくさんついていたら鍋のそこにあるお湯に浸せば油が落ちて健康的だそうです。

プルンチット駅周辺





本日はプルンチット駅周辺をご案内します。

プルンチット駅はロングステイヤーにはほとんど関係ない駅だと思います。まず利用する駅ではないのですが、実はこの駅にあのホテルオークラが進出したんです。
ホテルオークラ バンコク ←興味がある人はアゴダへリンクしております。良ければ予約してみてください。

以下Newsclipbe(タイのニュース)から引用しました。

ホテルオークラは24日、2012年3月開業予定のバンコクのホテルを受託運営すると発表した。名称は「ホテルオークラバンコク」。タイの大手財閥TCCグループがバンコク高架電車BTSプルンジット駅前に開発中の複合ビル「パークベンチャーズ」(地下1階、地上33階)の低層階(1、2、4階)と高層階(22―33階)に入居し、客室数242。中空に浮かぶ屋外プールやスパのほか、洋食や中国料理、タイ料理を中心としたオールデイダイニング、寿司や鉄板焼き、天ぷらコーナーを持つ本格的な日本料理「山里」などの飲食施設を備える。ビルの施工は大林組で、完工後、プルンジット駅と直結する。
 
 ホテルオークラは日本、韓国などでホテル21館を運営。タイに進出するのは初めて。

とのことです。今後はプルンチットも流れが変わるかもしれませんね。

DSC_0024.jpg
アメリカ大使館やベトナム大使館があるエリアです。そしてホテルオークラが駅直結しております。

DSC_0025.jpg
近代的な高層ビルが多く林立しております。

DSC_0026.jpg
HomePro Plus 

DSC_0027.jpg
最近のバンコクの発展には目を見張るものがありますね。

DSC_0028.jpg
スクンビット通り かつてのアジアの喧騒がここでは見られない。

DSC_0030.jpg
ウィタユ通りこの道にはアメリカ大使館、日本大使館があります。またわかりにくいですが、左のガラス張りの建物にホテルオークラが入居している。

DSC_0032.jpg
Noble Ploenchit condoコンドミニアムが建設される予定。バンコクの勢いはすごいですね。本当の経済成長なのか、バブルになっているのか見極め時でしょうね。


プラカノン市場は昭和レトロを感じさせてくれる





タイのローカルを味わえるプラカノン市場へ行ってきました。
プラカノン市場はBTSプラカノン駅からスクンビット通りをオンヌット方面へ500メートルほどあるいた場所にあり、
スクンビット通りとスクンビット71とプラカノン運河に囲まれた場所にあります。
プラカノン市場に入ると衣料品、生鮮品、雑貨、食料品そして床屋も結構あります。床屋はなんと60バーツなので節約派にはお勧めできますね。 

プラカノン市場に行くと昭和レトロを感じることができます。
DSC_0036.jpg
スクンビット通りをオンヌット方面へ歩くこと500メートル。スクンビット71が見えたらその奥がプラカノン市場だ。

DSC_0037.jpg
雑貨屋衣料品が所狭しと並んでいる。
DSC_0038.jpg
まるで迷路のようだ。日本のドンキーホーテーみたいな感じかな。

DSC_0039.jpg
床屋です。たったの60バーツ(約160円)ですよ。
DSC_0040.jpg
雑貨だけでなく携帯電話も売っている。

DSC_0041.jpg
駄菓子屋とかもあります。タイ人だけのローカルマーケットを感じることができます。

DSC_0042.jpg
体育館くらいの大きさの市場があります。このときはお客はほとんど居ませんでした。

DSC_0043.jpg
ちょっとプラカノン市場の裏へ行くとこんな感じです。

DSC_0045.jpg
猫が気持ちよさそうに寝ていますね。

DSC_0046.jpg
駐車場にもなっていますね。

DSC_0044.jpg
昭和レトロと対照的に夕日に沈むSKY WALK CONDOMINIUMが見えます。

DSC_0047.jpg
階段が見えますね。この階段の向こうには何があるんでしょうか。


DSC_0048.jpg
プラカノン運河の船着場があります。ここから一律10バーツで終点のイアム・ソムバット市場へ行くことができます。

DSC_0051.jpg
暇なとき風情があっていいかも知れませんね。

DSC_0049.jpg
プラカノン運河の向こうにはコンドVista Gardenが見えます。


GateWay エカマイの様子





GateWay エカマイは2012年5月15日にソフトオープンして6/1より本格的に開業するらしいです。でも様子を見ていると間に合いそうもありません。大丈夫でしょうか?
筆者は建設業の専門家ではありませんのでまったくわかりませんがとにかく間に合いそうもありません。
写真でどうぞ!

DSC_0067.jpg
独特の形が面白いですね。

DSC_0068.jpg
BTSエカマイ駅から見る限り工事は無事進んでいる感じがしますが・・・

DSC_0069.jpg
今こんな感じなので、中の内装工事がほとんど行われておりません。

DSC_0070.jpg
完成したら人がいっぱい来るんでしょうね。

DSC_0003.jpg
宣伝は始まっているみたいですね。タイにはSUBWAYが結構進出しています。

DSC_0007.jpg
内装工事がまったく始まっていません?

DSC_0006.jpg
店内はこんな感じです。

DSC_0053.jpg
工事が予定まで終わらなくてもタイではマイペンライです。

DSC_0004.jpg
下はこんな感じです。

ソンクラン





ソンクランがやってきました。ソンクランの期間は4/13~4/15で、タイ人にとって正月とでも言いますか、ソンクランが来れば真夏が来た!という感じらしいです。日本人にとっての真夏は7月、8月でしょうけどタイは4月が暑いですtソンクランは当初はささやかにお水をかける程度うだったらしいですが、最近はかなり度が過ぎているのか、巨大水鉄砲やバケツでぶっかけると具合になっております。ひどい場合は氷水ぶっかけれ来るから、濡れるとかなり効きますね。

筆者の友人のアメリカ人が言うには、ソンクランで毎年400人ほど死んでいるらしく「アメリカなら祭りで一人でも死ぬと規制がかかりますよ。ほんとタイはAmazing Thailandだ!」と言っておりますが確かに死者を出すほどの祭りです。水掛けまつりと言っておりますが、「水ぶっかけ祭り」のほうがしっくりきますね。

携帯や電子機器をお持ちの方は、防水の袋などに入れて歩いたほうが良いです。筆者は去年、携帯電話をズボンに入れておいたら、水をかなりぶっかけられたので壊れてしまいました。

DSC_0071.jpg
バスまで水でぶっかけられています。窓側に座っている人はおそらく水でびっしょりでしょうね。
DSC_0072.jpg
向こう側に水ぶっかけ隊が待ち構えています。筆者は彼らが怖いので避けるように歩いております。

インドネシア・スマトラ北部津波警報解除!





大使館からのメールによるとインドネシア・スマトラ北部西方沖における地震による津波警報は解除された模様!

大使館からのメールをそのまま転送します。

インドネシア・スマトラ北部西方沖における地震の発生について(その2)
                    (2012年4月11日現在)


 11日20時45分、タイ政府は、インドネシア・スマトラ北西部沖において発生した地震について、アンダマン海側6県(プーケット、クラビ、パンガー、ラノーン、トラン、サトン)に発出していた津波警報を解除した旨を発表しました。

○領事部
電話:(66-2)207-8502、(66-2)696-3002(邦人援護)
FAX :(66-2)207-8511


インドネシア・スマトラ北部西方沖における地震の発生!





2012年 4月11日 インドネシア・スマトラ北西部にて非常に大きな地震が発生したと外務省のメールが届きました。多くの人に知ってもらいたいため、外務省からのメールをそのまま掲載します。

インドネシア・スマトラ北部西方沖における地震の発生について
                        (2012年4月11日現在)


1 11日、15時39分ころインドネシア・スマトラ北西部沖において地震が発生しました。震源地は、インドネシア・スマトラ北西部沖で,地震の規模(マグニチュード)は8.7と推定されております。日本の気象庁においてはインド洋津波監視情報を発表しており、インド洋の広域に津波発生の可能性があるとしています。

2 つきましては、特にプーケット島及び同周辺地域の島に滞在されている皆様におかれては、今後の津波情報に留意するとともに海岸沿岸部には近寄らず高台、高層ビルやホテル等への避難など安全確保に努めてください。なお、プーケット県、クラビ県、バンガー県、ラノーン県、トラン県、サトン県の沿岸住民に対しては高台への避難注意が発出されています。

3 太平洋津波センターによるプーケット島への津波到達予想時刻は18時18分と発表されております。参考まで同センターのHPアドレスは以下のとおりです。

http://ptwc.weather.gov/ptwc/?region=3&id=indian.TSUIOX.2012.04.11.0845&msg

4 今後、航空便の欠航など交通手段に影響が出る可能性もありますので報道等最新情報に留意してください。

○領事部
電話:(66-2)207-8502、(66-2)696-3002(邦人援護)
FAX :(66-2)207-8511

タイへ送金するには





日本からタイへ送金するにはSWIFTコードが必要です。

タイへ送金で必要になるスウィフト( SWIFT)コードです。このコードがない銀行では、海外送金を受け取ることができません。

SWIFTコードとは
世界の銀行を特定するために定められたたコードです。海外へ送金する時はSWIFTコードが必要です。

銀行名                SWIFTコード
バンコク銀行            BKKBTHBK
クルン・タイ銀行           KRTHTHBK
サイアム商業銀行           SICOTHBK
カシコン銀行             KASITHBK
TMB銀行              TMBKTHBK
アユタヤ銀行             AYUDTHBK
タナチャート銀行           THBKTHBK
UOB銀行              BKASTHBK
スタンダードターチャート銀行     SCBLTHBX

また送金を受け取る人のフルネーム、受け取る人の住所 送金する銀行名 支店名 支店がある住所そしてSWIFTコードを記入する必要があります。郵便局からなら手数料が2500円と安いですが、送金したお金が相手先に届くまで1週間程度かかるのが難点です。

ちなみに相手の銀行でが自動的に300バーツの手数料が取られてしまいます。

1541_convert_20120412012041.jpg
カシコン銀行のATM 預金の引き出し、預け入れ、通帳記帳と用途別にATMが対応しているので、面倒だ。またキャッシュカードを早めに取らないとATMに吸い込まれてしまうので注意が必要だ。

プロンポンを歩いてみよう!





プロンポンはスクンビットにあり日本人が最も多く暮らしている地域です。とくにタイに駐在している日本人が多く暮らしています。家賃も3万バーツ以上ないとアパート・コンボミニアムを借りることができません。

どうして日本人が多くこのスクンビットに集まるかというと、日本人学校へのお向かいルートであるらしくまた日本人向けのスーパーやレストランが多く集まっているからだと言われています。

ロングステイヤーや現地採用者はこのエリアで暮らすには家賃が高すぎるので、他のエリアに多く暮らしております。

ではどんな雰囲気なのか写真でお伝えします。

DSC_0731.jpg
プロンポン駅を降りたらすぐ近くにあるフジスーパー。
DSC_0708.jpg
スクンビット通りの裏はソイが入り組んでいる。車の往来が激しい
DSC_0709.jpg
夕方なので裏道でも混んでいる
DSC_0710.jpg
ソイのソイなので人通りが少ない
DSC_0711.jpg
雰囲気がおしゃれですね。
DSC_0712.jpg
ブッティックが多く集まっている。
DSC_0713.jpg
見上げるとコンドミニアムが・・
DSC_0707.jpg
結構緑が多くあるのが意外ですね。






タイ観光スポーツ省が24時間対応コールセンターを開設!





24時間対応コールセンター開設!

タイでロングステイをしているときあるいは観光旅行中に、タイでトラブルやクレームを『ガツン』と入れてやりたい時があることは誰しもあると思う。そんな時に便利な部署をタイ観光スポーツ省が観光客向けに24時間対応コールセンターを開設した

主な目的のひとつは、観光客への不正行為に対するクレームや申し立ての手続きを行う場を提供すること。

コールセンター(24時間対応)
02-401-1111 英語のみ対応

併せて、観光客はクレームをメールで申し立てることもできる。
DOTcallcenter@tourism.go.th


タイに滞在している日本人の人数!






タイに在留届を出している日本人の人数!
タイでロングステイをしている人がこのところ急増しています。
在タイ大使館や領事館に在留届を出している日本人は下記の通り年々増えております。

在留届とは 旅券法第16条により、外国に住所又は居所を定めて3ヵ月以上滞在する日本人は、住所又は居所を管轄する日本の大使館又は総領事館(在外公館)に「在留届」を提出するよう義務付けられております。

在留届を出していない日本人も多数おりますので実際には10万人を超えているといわれております。
下記の人数にはタイで働いている人や留学している人も含まれておりますので一概にロングステイヤーが増えていると言えませんが、増えているのは間違いないと思われます。

また日本人の滞在者数が増えていますので、多くの日本企業や個人がビジネスチャンスとばかりにタイへ進出しているのも見受けられます。

年      在留邦人数 
2011       49,983
2010       47,251
2009       45,805
2008       44,114
2007       42,736
2006       40,249
2005       36,327
2004       32,442
2003       28,776
2002       25,329
2001       22,731
2000       21,154
※平成23年10月現在 外務省発表の統計

タイのロングステイ・長期滞在の専門サイト タイへ自在に! 筆者のサイトです。よかったら訪れてみてください。

和茶房 鎌倉 夢見屋へ行ってきました。






バンコク伊勢丹店6Fにある和茶房 鎌倉 夢見屋へ行ってきました。
夢見屋は紀伊国屋の隣にあるので見たことがある人は多いことでしょう。バンコクでたらこスパゲッティなど食べたくなったらたまにここへ来ます。アイスコーヒーも日本で飲んでいる味なので、甘いのに飽きた人はここでまったりとするのもよいでしょう。

サービス税10%を取るのが痛いですが・・・

バンコク伊勢丹店
6F,Isetan Department Store,4/1-4/2 Central World. Rajadamri Road,Kwaeng Pathumwan,Khet Pathumwan,Bangkok 10330 Thailand
TEL 02-255-9894

DSC_1011_convert_20120410181820.jpg
センタン チットロム店
DSC_1022_convert_20120410185829.jpg
巨大ですね・・以前はここで赤服が占領していましたが・・
DSC_1023_convert_20120410190146.jpg
エラワンです。バンコクのパワースポットです。
DSC_1025_convert_20120410185927.jpg
和茶房 鎌倉 夢見屋
DSC_1024_convert_20120410190038.jpg
明太子&大葉スパゲッティー230バーツ アイスコーヒー60バーツ
DSC_1028_convert_20120410190233.jpg
風水や写真など飾って赤服 UDD(反独裁民主統一戦線)タクシン派に占領されないように工夫していますね。



プロフィール

タイでロングステイ 自在人

Author:タイでロングステイ 自在人
初めまして!自在人と申します。
自在人 の名前ですが、海外で暮らすこと(ロングステイ・長期滞在)を好きな時にしたいだけ『自在に』できる人になれるように名前を付けました。

1995年11月の海外旅行で初タイ。エキゾチックな文化に魅了される。
それから折を見てはタイへ行くことが仕事のモチベーションとなる。

ある時 パタヤのビーチでふと「タイに将来移住したいな」と本気で考えるようになったのが始まりです。


タイバーツ満員御礼両替所


タイでロングステイをするのならどの都市が良いですか

投票をすればタイでのロングステイ・長期滞在の人気エリアがわかります! タイのどの都市でロングステイをしたいですか?


旅行情報はトリップアドバイザー

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。


タイのホテルはアゴダで予約!

アゴダ予約ページ


タイ ロングステイ専門サイト

タイロングステイ


タイのエリア情報


タイの情報はこちら!


タイに関するブログはこちらでチェック!


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ ポチッとご協力をお願いします! ジモモ バンコク タイと日本のコミュニケーションサイト!タイ、バンコクで遊ぶ、タイ語を学ぶ、タイでの求人・求職、掲示板やお勧めクーポン情報


バンコクの天気

Find more about Weather in Bangkok (Don Mueang), TH


タイの時刻


自在人のつぶやき


最新記事


月別アーカイブ


検索フォーム


タイをもっと知りタイ!

このブログをリンクに追加する


QRコード

QR


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ相互リンクを受付けております。 連絡お待ちしております。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。