FC2ブログ
タイで自在にロングステイ・長期滞在
タイの物価は日本の物価の1/3程度なので非常に暮らしやすい。物価だけでなく食べ物もおいしい。そんなタイでロングステイをしてみませんか?タイのロングステイ・長期滞在の楽しさをちょっとだけ伝えるブログです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アイリッシュパブ ロビンフッド(Robin Hood)





スポーツバーアイリッシュパブ ロビンフッド(Robin Hood)に行ってきました。

 BTSプロンポン駅からアソーク方面に歩いていくとスポーツバー、アイリッシュパブ ロビンフッド(Robin Hood)があります。スーパーフジの近くにあると言えばご存知の方も多いと思います。ここは以前から気になっていたので、入ってみることにしました。

 店内はイギリスをモチーフにしているのか、落ち着いた雰囲気のお店ですね。スポーツバーというだけあって大画面のテレビが何台もあります。本日はラグビーとクリケットの試合を放送していました。あまりお客さんはいませんが、ほとんどがファラン(白人)客です。

 肝心のビールなのですが、ギネスビール生を注文しました。160バーツと高かったので、ハーフサイズを頼んでしまいました。そしたら案の定かなり小さいグラスに入っているので、ちょっと物足りなかったですが、飲んでみると、おいしいですね。クリーミーでジューシーな味がちゃんと出ています。

 スポーツを楽しみながら、じっくりビールを味わいたい人にお勧めスポットですね。ここの生ビールはお勧めです。

スクンビットソイ33/1 

スポーツバーロビンフット
アイリッシュパブ ロビンフット スポーツバーです。ちょっと気になっていましたので、入ってみることに。

スポーツバーロビンフット2
ウッド調で落ち着いたアイリッシュパブですね。

ロビンフット店内1
お客さんは疎らですが、落ち着いて飲める雰囲気ですね。

ロビンフット店内2
店内の様子です。試合によってはかなり盛り上がりそうですね。

ロビンフット店内3
クリケットとラグビーの放送をしています。

ロビンフットメニュー
メニューです。ちょっと高めかも知れません。

ギネスビール生
ギネス生ビールを頼みました。生は鮮度が命ですからね。ここは鮮度がよくビアサーバーの手入れをちゃんとやっている味がします。

ロビンフットハッピーアワー
16時から19時までなら安く飲めますね。

スポンサーサイト

メガバンナー レストラン街




 
メガバンナー内にレストラン街を歩いてみました。

 メガバンナーには様々な店舗もありますが、もちろんレストランもたくさんあります。
正直言ってタイではおなじみのレストランが多く入居しておりますので、目新しさを感じることができませんが、どのお店に入るかちょっと楽しい気分になるのもタイならではでしょうかね。最近のタイの飲食店も資本力がものをいう時代になってきたような感じがします。

 日曜日とあって有名どころのレストランはお客さんが列をなして待っている状態で、日本のショッピングモールの風景とあまりかわりありません。

 あまり知られていない飲食店にはお客さんがほとんど入っていないので、メガバンナーに出店さえすれば良いということでもなさそうですね。タイでも飲食店は二極化が進んでいるのかもしれません。

 日本のレストランは、大戸屋、ペッパーランチ、リンガーハット、やよい軒、道頓堀福生れ、8番ラーメンそして吉野家牛丼が出店準備中です。

そんな中、シャブシに入ろうとしたらお客さんが多く待っている状態だったので、今流行の焼肉ビュッフェ ぎゅういち へ入ってみました。ぎゅういちは新進気鋭のPOMODOROグループが展開している日本式レストランです。
ぎゅういちは食べ放題で339++バーツです。++とは VAT7% サービス料金10%が別途かかるという意味です。

 ぎゅういちもお客さんで混雑しています。タイ人に聞いたら、セットスタイルで値段が定額、そしてたくさん食べることができるお店が人気あるといっていました。シャブシ、MK,ムガータ等・・・

 ドリンク飲み放題は、自分で飲み物を取りに行くシステムです。日本のファミレスとシステム的には同じですね。

DSC_1157.jpg
レストラン街は開放的な場所にありますので、落ち着いて食べることができます。

DSC_1161.jpg
大戸屋です。あまりお客さんは入っていませんでした。

メガバンナースイーツ店1
歩き疲れたときにちょっといい感じのコーヒーショップがありましたので、休憩します。

スイーツ店
ここにいるとタイにいることを忘れますね。ここはバンコク郊外の湿地帯を切り開いたバンナーです。

チーズショートケーキ
チーズケーキとショートケーキがミックスされたケーキです。

飲食店
バンコクで人気のハニートーストです。甘いのが好きな方おすすめです。

ワインコネクション2
最近モールに出店を加速しているワインコネクションです。ワイン専門店だから値段がかなり高いのかと思っていましたが、意外とそうでもないです。イタリア料理がお好きな方おすすめです。

シャブシ
Shabu shiです。メガバンナーのレストラン街でも1、2位を争う人気ですね。

ぎゅういち
焼肉ビュッフェ ぎゅういちです。

ぎゅういち 店内
店内はおきゃくさんでいっぱいでした。タイはビュッフェ天国です。ビュッフェスタイルが好きな方にはたまらない国ですね。

ぎゅういち肉2
ベーコンの網焼きです。



 

メガバンナー(MEGAbangna)&IKEA日曜日の様子




 
メガバンナーへ日曜日に行ってみました。

 メガバンナーはご存知の方もだいぶ増えてきていると思いますが、バンコク郊外にメガバンナーという巨大ショッピングモールが今月からオープンしています。IKEAも併設しているので、非常に注目度が高い商業施設でもあります。

 メガバンナーにいると日本の有名チェーンもあるのでここがバンコク?と思ってしまうくらい日本にいるような錯覚に陥ります。最近特に多くなっているのが、日本語表示のお店が多くなっていることですかね。日本語で表示をするとおしゃれに思えたり品質が良く安全・安心というイメージがあるらしく、日本の商品とは全く関係ないものまで日本語で表示されていることが多くなっています。

 さすがに日曜日ということもあってお客さんで賑わっています。

セブンイレブン前1
ウドムスック駅5番出口をおりるとセブンイレブンがありますので、ここからメガバンナー行きの無料シャトルが出ています。今回はタイミングが良く5分ほどでバスが来ました。

メガバンナー店内の様子3
さすがに日曜日とあって混んでいます。

メガバンナー店内の様子2
ボルボも販売しています。

メガバンナー店内の様子1
日曜日とあって子供連れが目立ちますね。子供にとっては格好の遊園地と言ったところでしょうか?

メガバンナー広場
水遊びをしている子供がいますね。タイは暑いですからね。

メガバンナーキャンディー店
キャンディを実演販売しています。ここはいつも人だかりです。きっとタイでも有名なお店なのでしょう。

ショップ
値段的にサイアムパラゴンとMBKの中間と言ったところでしょうか。

ウィンドショップ1
お客さんがいるお店といないお店でははっきりと分かれていますね。

ウィンドショップ
メガバンナーは大きいだけあって多くのお店が入居しています。

アップルストア1
アップルストアもあります。タイではiphoneが大人気ですからね。

アイススケートリンク1
アイススケートリンクには多くのお客さんが楽しんでいます。楽しそうですね。

ボーリング場1
タイのボウリングは音楽がガンガンに鳴り響いているのでノリ良くボーリングが楽しめます。

カラオケ
カラオケです。10人は入れるんじゃないかという部屋に案内されました。1部屋1時間300バーツです。日本の曲もありますのでタイの歌を歌えなくても楽しめますよ。

サイアムパラゴン




 
BTSサイアム駅前にあるサイアムパラゴンへ行ってきました!

 サイアムパラゴンはザ・モールグループが運営している旗艦店でありバンコクのプライドと言われたタイで一番の超巨大高級デパートです。

 サイアムパラゴンはテナントエリアとデパートエリアに分かれており、高級ブランドやアジア雑貨そして車などグレードの高いショップが並んでいます。

 サイアムパラゴンの1Fにあるフードコートは特に旅行者にはお勧めです。白を基調とした清潔感のあるフードコートで料理の種類も豊富です。

 サイアムパラゴンのすごいのは超高級車も販売しておりますので、見てみるだけでも楽しいですね。シネコンも巨大なので迫力ある映画が楽しめます。日本よりもロードショーが1か月早く見れるのがいいですね。

 たまにサイアムパラゴンの広場でイベントなどやっているのでもしかしたらタイの有名人を見ることができるかもしれません。

サイアムパラゴン駅前 噴水2
BTSサイアム駅前にある噴水 ここがバンコクっ子の待合場所だ。

サイアムパラゴン前の広場 噴水 2012年5月26日 19時39
サイアムパラゴン前にある噴水はバンコクの暑さをすこし和らげてくれる。

サイアムパラゴン広場 2012年5月26日19時39
何かイベントをしていますね。

サイアムパラゴンイベント2
ダンスを踊っていますね。

サイアムパラゴンイベントガー1
カワイイスペシャルフェスティバル2012のイベントをやっていました。

サイアムパラゴンイベントガール2
女の子の目の前には多くの撮影者がいます。

サイアムパラゴンイベントガール3
コンテスト参加者だけあって、さすがにかわいいですね。

サイアムパラゴンイベントガール4
Cawaiiは世界語になっているんですね。Cawaiiはバンコクでも人気の雑誌です。

サイアムパラゴンイベントガール5
ポーズを決めています。

サイアムパラゴン展示車2
イベントを後にして店内に入ると超高級車が展示します。タイは階級社会で貧富の差が激しいとは聞いておりますが、改めて実感しますね。すごい・・・

サイアムパラゴン展示車値段
値段を見ると3400万バーツ 日本円で約9000万円ですよ・・・

サイアムパラゴン展示車1
触らないでくださいと日本語で書いてあります。

サイアムパラゴン展示車4
誰が買うんだろう?

サイアムパラゴンエスカレータ
本日は土曜日とあって満員御礼ですね。

サイアムパラゴン電気店
PowerMall 電気店です。

サイアムパラゴン高級車
車も販売しております。

サイアムパラゴンフードコート1
フードコートです。ラーメンの山小屋が出店してました。とんこつらーめんはタイでも人気ありますね。替え玉ももちろんOK

サイアムパラゴン前の道路の様子
サイアムパラゴン前はいつも渋滞です。

屋台で昼食を買う




 
タイ料理をテイクアウトして喰らえ!

 近所にある屋台&フードコートで昼食をテイクアウト(持ち帰り)しました。通常は、外で食べることが多いのですが、たまには屋台やフードコートで買って家で食べるのもよいものですね。

 タイはテイクアウトの文化がかなり進んでいて、クイッテアオ(らーめん)も簡単に持ち帰りできてしまうんですからね。

 麺とスープを分けてビニールに注いで輪ゴムでクルクルっと締めればOKです。

 タイでロングステイもなかなか良いですね。

DSC_0329.jpg
ラーマ4通りロンパヤバーン2にはおいしい屋台やフードコートがありますよ。

DSC_0472.jpg
ここのクイッテアオは最高です。麺一筋のおやじさんがおいしいクイッティアオを作ってくれます。

1337064247106.jpg
注文をすればメニューにあるもんだったら何でも簡単に作ってくれます。

DSC_0264.jpg
クイッティアオナムトック バミー 滋養があって濃厚なスープだ。

DSC_0052.jpg
タイのおかずぶっかけごはん(カオラートゲーン) まぜて食べるのがタイスタイルだ!と友人のタイ人が言っています!?

本日レディー・ガガバンコク公演そして王様アユタヤ視察




 
本日レディー・ガガバンコク公演2012そして王様がアユタヤへ視察をされます。バンコクは非常に大変な日になりそうですね。

 レディー・ガガバンコク公演は25日夜、ラチャマンカラ国立競技場で行われる。チケットはほぼ完売だが、4500バーツと7000バーツのチケットはまだ売れ残っているという。

 バンコクのラムカムヘン周辺は渋滞が予想されます。コンサートの開催日時は、 5月25日(金) 19:30~開催場所は、バンコク都内ラムカムヘンにあるラチャマンカラ国立競技場(Rajamangala Stadium, Huamark)
チケット販売はwww.thaiticketmajor.com

クレット島へ上陸です。






ノンタブリー県のクレット島へ上陸します。

ワットサナムヌア(北広場の寺)の船着き場からクレット島へはものの数分で行くことができます。向こう岸が見えるくらいですからね。

ようやく上陸しました。かれこれサパーンタクシン駅から3時間以上経過しています。クレット島に到着したのが16時過ぎです。

辺りを見回すとお店がほとんどしまっていて、島で働いていた従業員が仕事を終えて島から陸へ戻る準備をし始めているではありませんんか。もどる船もいつ終わってしまうかわからないので、今回は残念ですが、クレット島上陸早々帰ることにしました。

 結論から言うと、クレット島へは土日、祝日に行ったほうが良いということ、出かけるのは午前中に出かけたほうが良い、できれば、タクシーあるいは車でクレット島近くまで行くことが良いということが分かりました。

 クレット島からMRTバンスー駅までタクシーで帰りました。150バーツほどで行くことができるので、気軽に行きたい人はバンスー駅またはチャトチャック駅からタクシーを拾っていくのもよいかも知れませんね。


クレット島寺院
ワットサナムヌア お寺ですね。この狭い通路を歩いていくと船乗り場があるらしいです。

クレット島船着き場
船着き場らしき場所が見えてきました。さらに奥へ進みます。

チャオプラヤー川2
船乗り場からみたチャオプラヤー川

チャオプラヤー川1
船着き場から見た向こう岸にあるクレット島

クレット島への船
向こう岸がクレット島です。船が来ましたね。2バーツです。向こう岸に着いたら渡してください。

1337677048172.jpg
Wat Poramaiyikawas お寺があります。

1337677069539.jpg
喧騒から離れて穏やかさが感じ取れるお寺ですね。時間が本当にゆったりとしていて気持ちいいですね。もっと早く来ればよかった~

1337677106791.jpg
鳥のさえずりが聞こえます。

1337677232705.jpg
平日ということと来たのが遅かったので、お店はほとんど閉まっています。

1337677701864.jpg
おもちゃとか売っていますね。

1337677635066.jpg
のどが渇いたので、ペプシを注文しました。13バーツです。

1337677675478.jpg
瓶からビニール袋にペプシを注いでくれました。のどを癒します。

クレット島お店
クレット島は昭和に戻った懐かしさを感じることができます。

1337677272516.jpg
人が住んでいますね。テレビの音が聞こえてきます。

1337677291101.jpg
Pottery Villageと書いてありますね。上はタイ語、下はパマー語(ビルマ語)が書いてあります。この島の住人はビルマから移住してきたモン族が多くすんでいる地域ですからね。

1337677324886.jpg
クレット島名物 つぼの焼き物がいたるところにあります。

1337677342074.jpg
ちょっとした休憩所があります。おそらく住人の敷地だろうと思われますが。

1337677378784.jpg
クレット島は一周約7Kmあるらしいです。普通なら自転車をレンタルして一周するのですが、今回はできませんね。

1337677403640.jpg
誰一人観光客がいませんので、そろそろ船着き場に戻るとしますか・・

1337677692385.jpg
観光客らしき人はいませんね。地元の人ばかりです。

カレー専門店 青りんご@サラデーン駅タニヤプラザ





BTSサラデーン駅に直結しているタニヤプラザ2Fにあるカレー専門店青りんごに行ってきました。

 ココは、夜の街タニヤにありビルから直結しているので、気になっていた方は多いのではないでしょうか?

 カレーが食べたくなったらよく行くお店を紹介します。

 とにかく、青りんごはカレー専門店と言っているだけあって、おいしいごはんとカレーのルーが絶妙にマッチングしています。そしてうれしいのが大盛り無料なので、がっつり食べたくなった時にはたまらないですね。福神漬けとらっきょがトッピングできますので、たんまりとカレーライスにかけて食べるのがおいしいですね。

アイスコーヒーも日本でおなじみの味なので、ほっとしますね。


カレー専門店 青りんご
場所 タニヤプラザ2階
 最寄駅 BTSサラデーン駅から直結
 オープン 11:00~21:00
 定休日 なし
 電話 02-652-4478-9

DSC_1172.jpg
サラデーン駅タニヤプラザ2階にあるカレー専門店 青りんご 

1337420036133.jpg
店内はこじんまりしている。

1337420141564.jpg
サラダもついてきます。

1337420406280.jpg
カツカレー大盛りを注文しました。250バーツです。写真ではわかりずらいですが、お皿がかなり大きいです。ボリュームも満点!

クレット島へチャオプラヤーエクスプレスボートで行く





クレット島(コ・クレット)へチャオプラヤーエキスプレスボードで行ってきました。

クレット島とは、ノンタブリー県(バンコク都の隣の県)にありチャオプラヤー川に浮かぶ中洲で、焼き物やお菓子が有名な島です。バンコク中心部から1~2時間程度で行くことができるので、ワンデートリップ(日帰り旅行)をしたい人には絶好のおすすめスポットです。

 クレット島は歴史的にアユタヤからバンコクに遷都した時に、一緒に移住してきたビルマ系モン族が今でも住んでいるということです。

 通常は島に渡るパークレット船着き場まで車で行くのが一般的ですが、今回はあえて、BTSサパーンタクシン駅からチャオプラヤーエキスプレスボードに乗っていくことにしました。

 途中の風景が素晴らしいので、あっという間に時が流れますね。シャングリラホテルザ・ペニンシュラホテルマンダリン オリエンタル ホテル そしてヒルトンホテルと5つ星ホテルを見ながらチャオプラヤーを上っていくとワットアルンが見えてきます。

そして王様が入院しているシリラート病院も通過していきます。
約2時間程度船に乗りましたが、船の左手に陣取ってしまったので、暑いのなんのって・・ ほとんどのお客さんは右側に座っていました。後から気づいたのが後の祭りです。正直、暑さで半分のぼせてしまいました。ようやく終点のノンタブリー船着き場についてロングテールボートの乗り換えるつもりでしたが、平日は運行していないということです・・・


 サパーンタクシン駅徒歩2分にサトーン船着き場
          ↓15バーツ
 ノンタブリー船着き場まで2時間弱
          ↓
 ロングテールボートでクレット島へ数十分程度

と行く予定でしたが今回は平日に行ってしまったので、
ノンタブリーからロングテールボートは運行していないので、仕方なくタクシーでワットサナムヌア(Wat Sanam Nua)まで行きました(100バーツほど)。

 ワットサナムヌアはお寺で、奥の細い道を抜けるとクレット島までの渡し船がでています(2バーツ)3分程度。

サトーン船着場からのボート
サパーンタクシン駅からすぐにあるサトーン船着き場 ここから終点ノンタブリー船着き場まで行くこと。チケットは船の中で購入!座るなら右側がお勧め。左側に座ると日差しを浴びてしまい、かなり暑い。

シャングリラホテル
5つ星ホテルシャングリラホテルが見えます。←良ければホテル予約してください。

ロイヤルオーチャードシェラトンホテル2
ロイヤルオーチャードシェラトンホテルです。川岸に素敵なテラスが見えますね。

ヒルトンホテル
ミレニアム ヒルトン ホテル (Millennium Hilton Hotel) が見えます。ここも5つ星ホテル←良ければホテル予約してください。

リバーシティーコンプレックス
River City Shopping Complexが見えます。ここはショッピング施設やレストランがあります。またチャオプラヤー川のディナークルーズなどがあります。タイでちょっと豪華なお土産を買いたい場合ここがお勧めです。

チャオプラヤー川とコンドミニアム
チャオプラヤー川岸には高層コンドミニアムが多く建っています。欧米人がこのようなコンドミニアムでロングステイをしています。

ワットアルン1
ワットアルン暁の寺 

チャオプラヤー川コンドミニアム
ラッタナコーシンマンションです。

船着き場2
途中の船着き場です。

シリラート病院船着き場
シリラート病院が見えてきました。

シリラート病院2
シリラート病院です。ここにタイの王様が入院されています。

シリラート病院
Long Live the King of Thailand

チャオプラヤー川橋
チャオプラヤー川にかかるラーマ8世橋です。トンブリー地区にこの橋で行くことができます。ちなみにこのラーマ8世橋は、現国王ラーマ9世の実兄ラーマ8世を記念して命名されたものです。

ノンタブリー船着き場
やっと終点ノンタブリー船着き場に着きました。かれこれ2時間以上は経過しています。

ノンタブリー時計台
タイのいたるところに時計台がありますね。タイ人にとって時計台は格別な思いがあるのかもしれません。

絶品クイッティアオ・ナムトック(牛肉麺)





絶品クイッティアオ・ナムトック(牛肉麺)をご紹介します!

クイッティアオ・ナムトックとは生血入りの牛肉麺のことです。生血入りと聞こえは悪いですが、タイでは一般的な料理で滋養によいスープです。

ここの屋台は近所でおいしいとの評判があるお店ですので、お客さんの回転も速く新鮮なクイッティアオ・ナムトックを召し上がることができます。

おすすめはクイッティアオ・ナムトック バミー(小麦粉麺)です。

ここのバミーはちじれ麺の太麺なので、主人自慢のスープとよく絡んでとてもおいしいです。

クイッティアオ・ナムトックが来たら4種類の調味料で味付けをしましょう。

ナムプラー(塩辛さ)醤油、プリックポン(辛さ)粉末唐辛子、プリックナムソム(酸っぱさ)唐辛子が入った酢そしてナムターン(甘さ)砂糖で調整しましょう。

砂糖を入れるとコクがアップしますので、入れたことがない人は挑戦してみてください。

場所はラマ4 ロンパヤバーンソイ2 スクンビットソイ42/1にあるゴルフ練習場の裏手にあります。

DSC_0329.jpg
ロンパヤバーンソイ2です。閑静なソイですね。お昼時になると、クルアイナムタイ病院の看護婦さんでいっぱいになります。

DSC_0472.jpg
クイッティアオ・ナムトックの屋台です。

DSC_0473.jpg
これがクイッティアオ・ナムトック バミーです。 生血入り牛肉麺と

DSC_0474.jpg
麺がちじれ太麺です。35バーツです。






バンコクでおいしいラーメンと言えば 卯月!





バンコクでもおいしいと名高い居酒屋 卯月!

 BTSナナ駅から徒歩5分くらい スクンビット・ソイ11にある居酒屋「卯月」!の紹介をします。

 居酒屋でおいしいラーメン?と思うかもしれませんが、バンコクで一番おいしいらーめんは卯月だとおっしゃる方が多い居酒屋で有名です。ラーメン以外に料理の種類は豊富ですが、らーめんがとにかくおいしいので、いつもビールを飲んだ後ラーメンで締めることが多いです。

 ラーメンが食べたくなったらよく行くお店なのですが、スクンビットから5~6分歩いてソイ11に行きつくのですが、ソイからさらに6~7分歩いてアンバサダーホテルをこえて右手に卯月がありますので、お店に着くころにはいつも汗がダラダラとなってしまうのが難点ですかね。

 今回注文したのは、ふつうのラーメンです。ふつうのラーメンと言っても栃木ラーメンなのです。スープはあっさりしていて、麺はかなり腰の強い中太縮れ麺...そして味玉、メンマ、柔らかい焼豚とおいしいです。

居酒屋:卯月
場所:Grand President内1階
14, 16 Sukhumvit Soi 11, Bangkok 10110, Thailand

DSC_0314.jpg
スクンビットソイ11には雰囲気の良いレストラン&バーが結構あるのでお勧めです!

DSC_0315.jpg
オープンバーzanzibar タイ人に人気があります。

DSC_0316.jpg
人種のるつぼ バンコク ナナ この異国情緒あふれる雰囲気がたまりませんね。沸騰都市バンコクです!

DSC_0318.jpg
欧米人に人気がありますね。オープンレストランでバンド演奏もあります。

DSC_0319.jpg
ロサビアンレストラン 欧米人客に人気のいかしたタイ料理屋

DSC_0320.jpg
グランドプレジデントホテル内にある居酒屋うづき

1336748030212.jpg
汗だくなのでビールを注文しました。

1336748254747.jpg
筆者のおすすめはクリアなスープで海老でだしを取った塩ラーメンですが、今回はあっさり醤油味の栃木ラーメンです。

らーめんチャンピオンズ





バンコク トンロー10にあるらーめんチャンピオンズへ行ってきました。

 日本の有名ラーメン店6店が一挙に集まりバンコクに店を出します。出展する6店は「初代けいすけ」、「東京・せたが屋」、「めん徳二代目つじ田」、「支那そば・きび」、「東京池袋・大勝軒」に、「助屋」と「吟屋」がタッグを組んだ「助屋×吟屋」の全6店です。


らーめんチャンピオンズの運営はマイ・タンが60%、日本側パートナーが40%出資する合弁会社ジャパニーズ・プライム・レストランが行っています。

マイ・タン社は あとブッフェ形式の日本食店をチェーン展開し、日本食ブームの火付け役となった
タイの外食・飲料大手オイシ・グループの創業者、タン・パーサコンティー氏(陳水明)が設立した会社です。

 本日は、「助屋×吟屋」の極味噌らーめん(180バーツ)ラーメンを食べました。

バンコクのラーメンなんで、あまり期待はしていませんでしたが、ある意味期待を裏切っておいしかったです!日本の味に恋しくなった時は、おすすめですね!



DSC_1167.jpg
巨大な招き猫があなたを待っています。

DSC_1168.jpg
トンローソイ10はおしゃれなエリアにありますので、エントランスはちょっとおしゃれですね。

DSC_1169.jpg
タン氏です。タイでは有名人ですね。

1337263577909.jpg
二代目つじ田

1337263567529.jpg
せたが屋

1337263553796.jpg
助屋×吟屋

1337262486759.jpg
まずは生を注文!

1337262783946.jpg
味噌のパンチと麺がちゃんと絡んでいました。

DSC_1171.jpg
meltme もタン氏の奥さんが経営しているチョコレートとデザート店です。

BS-TwellV(トゥエルビ)で高田純次が行くタイ・チェンマイのソンクラーンを放送します。





BS-TwellV(トゥエルビ)で高田純次がソンクラーンに突撃参加!タイ・チェンマイのソンクラーンを放送します。
チェンマイファンのかた必見です。


以下BS-TwellV(トゥエルビ)から引用

http://www.twellv.co.jp/event/asia/

5月26日(土)21:00~[再]

サワディカー!今回の「高田純次のアジアぶらぶら」はタイ・チェンマイ!
4月の13~15日はタイの旧正月。タイ最大級のお祭り「ソンクラ―ン」に参加するため、高田純次が水掛け激戦区チェンマイに上陸しました! チェンマイは日本で言う京都のような古都で、ソンクラ―ンの期間中は街中が水浸しになるほど。ゴーグルを装着して水鉄砲を構えて、高田純次がいざ水掛け合戦へと乗り込みます!お楽しみに!

高田純次の「アジアぶらぶら」紹介スポット
ニマンヘミン通り
チェンマイ市内でもっともおしゃれなストリート。
チェンマイ大学が近くにあるので、平日は学生でごった返す。

■ワット・チェディールアン
創建当時で高さ約80メートルという巨大な仏塔。
1545年の地震で上部30メートル程が崩れた。

■ワット・パンタオ
北部タイの王の象徴・金の孔雀の紋章が美しい”千倍仏”の寺。

「クローズUPアジア」紹介スポット
■新宿区新大久保「クンメー1」
チェンマイ名物“カオソーイ”をいただく!

ニンマンヘーミン通り
チェンマイの表参道 ニマンヘミン通り

スクンビットソイ67を歩こう!





スクンビットソイ67を歩いてみよう!

 スクンビット67はBTSエカマイ駅とBTSプラカノン駅の中間くらいにあるソイ(小道だ)。スクンビット通りの反対側にはTeeOffというゴルフ練習場がある。
スクンビット67はアパートやコンドミニアムが集まっているので、バンコクでロングステイを検討している人の候補地になるだろう。

 スクンビット67は閑静な住宅街で一番奥には、タイのお金持ちが住む高級住宅地が広がっています。

DSC_0388.jpg
Life at Sukhumvit 26階建ての高層ビルなので、BTSに乗る人なら場所がわかると思います。

DSC_0396.jpg
Life at Sukhumvit 67 となりのLifeとは打って変わって低層階の建物になります。と言っても8階建てですが・・・ ちょっとソイに入るので、静かな印象のコンドミニアムです。

DSC_0389.jpg
ソイ67に入るとU&Iレジデンスがあります。 

DSC_0390.jpg
Condo One Sukhumvit 67 おなじみのCondo One シリーズです。Studioなら1万数千バーツから借りることができます。

DSC_0391.jpg
Plus 67 Condoです。Studioなら1万数千バーツから借りることができます。

DSC_0392.jpg
タイの戸建てです。タイ人はこんな感じの戸建てに住んでいるのですね。お金持ちの部類に入ると思いますが・・・

DSC_0394.jpg
Life at Sukhumvitの裏はこんな感じです。

DSC_0393.jpg
ホテルのエントランスではありません。この奥に高級住宅地があるんですね。タイは階級社会ですからね。こういう風景をみると理解できますね。因みに日本人の個人は、土地付き戸建ては購入できません。コンドミニアム(分譲マンション)は購入できますので、注意が必要です。

オンヌットにあるBEST BEEF!





BEST BEEF
オンヌット駅からスクンビット通りをプラカノンに歩いて行って6分ほどすると BEST BEEF というバーベキュー屋があるのはご存じだろうか?

筆者は以前オンヌットに住んでいたので何回か行ったことがあるのだが、安くておいしいと地元タイ人の中では有名なお店なのだ。以前タイの料理番組でも紹介されたことがあるらしい。

さっそく店内に行ってみると、お客さんでいっぱいだ!

観光客の姿は当然見られなくほとんどが地元タイ人で満員御礼だ。

メニューを見ると ビュッフェ(食べ放題)がなんと199バーツ日本円にしてたったの約260円!

いつもならビュッフェをオーダーするのだが、今回は、食べ放題を選ばずに、個別に注文してみた。

鉄板にバターを落としてステーキを焼くのも本当においしいもんですね。ステーキが150バーツですので驚きです。

BEST BEEF
営業時間 16:00~24:00
スクンビットソイ48/1
02-742-9416


大きな地図で見る
Aオンヌット駅から450m 徒歩6分でB BEST BEEFに行けます。

DSC_0356.jpg
ベストビーフ

DSC_0357.jpg
店内はお客さんでいっぱいだ。おいしいお店は必ず地元のタイ人で賑わうものだ。

DSC_0359.jpg
このお肉だけで150バーツ 日本円で390円

DSC_0360.jpg
鉄板で焼くとなおさらおいしく見える。

DSC_0361.jpg
ヤム・サイクロッ ヤム(あえもの) サイクロッ(ソーセージ) いわゆるタイ風ソーセージサラダ
70バーツ 日本円で182円

best beef 外観
外で食べる鉄板で焼くお肉はいつ食べてもおいしいものですね。

DSC_0363.jpg
サーロインステーキを注文したつもりが、サーモンステーキを注文してしまった。おいしかったですが・・・
150バーツ 日本円で390円

DSC_0364.jpg
べストビーフのメニュー
 

反独裁民主戦線UDD:通称「赤シャツ・グループ」本日の様子!





反独裁民主戦線UDD:通称「赤シャツ・グループ」の様子をお伝えします。
本日ラチャラプソン交差点で反独裁民主戦線UDD:通称「赤シャツ・グループ」の集会が開かれました。

2010年とは打って変わってお祭りのような雰囲気の中開催されております。おそらく有名な歌手が集会に参加して群衆と一緒に歌っているような雰囲気が感じられました。

 本日、筆者の用事がありましてのでサイアム駅チットロム駅にかけてスカイウォーク(歩道橋)の上を歩いてみました。かなり、観光客や野次馬が多く歩いており大混雑していました。

参加した赤シャツには、ご飯が配られていたり、有名人が歌っているのを一緒に楽しむことができるので、彼れらはコンサートに行ったつもりで集会に参加しているような感じがしました。

DSC_1173.jpg

道路は封鎖していますね。

DSC_1174.jpg
今回はあまり物々しくはありませんでした。

DSC_1175.jpg
赤シャツが多くいますね。

DSC_1176.jpg
食事を無料で配っているのか人が並んでいます。

DSC_1177.jpg
スカイウォークはこんな感じです。

DSC_1178.jpg
みなさんお疲れの様子です。

DSC_1179.jpg
政治集会というよりもコンサートと言った雰囲気がしますね。拍手喝さいが聞こえます。おそらく有名な人が壇上に上がったんですね。

DSC_1180.jpg
赤シャツが集まっている先には大抵、無料の食事を配っているものです。こう見るとタクシンの資金力はすさまじいものがありますね。

DSC_1181.jpg
お祭り!ですね。


DSC_1182.jpg
ラチャダムリ通りはUDD赤シャツがずっと向こうまで埋め尽くしています。ルンピニ公園に大量のバスが停留していました。

DSC_1183.jpg
ステージの裏なので様子はわかりませんが、おそらく有名な歌手が歌っています。みんな楽しそうに歌っています。

DSC_1184.jpg
みんな下にいる誰かに掛け声とカメラを取り始めていますので、おそらくスターが下を通っているのでしょうね。

DSC_1185.jpg
外国人観光客とタクシン支援者(赤シャツ)が仲良く撮影しています。

DSC_1186.jpg
本日は気温が35℃あります。タイ人は熱中症にならないんですかね?

DSC_1187.jpg
チットロム駅周辺にも多くのデモ参加者がいます。



注意!本日ラチャプラソン交差点でUDD赤シャツの集会が開かれる予定です!





注意!本日から明日未明にラチャプラソン交差点でUDD赤シャツによる集会が開かれる予定です!
ラチャプラソン交差点はどこかって?

 おそらくタイへ来たことがある方は一度は来たことがある場所です。
スクンビット通りとラチャダムリ通りが交差する場所。
BTSでいうと「チットロム駅」周辺で、「エラワンプーム」があり、ルイ・ヴィトンやグッチ、プラダなどラグジュアリーブランド店のある高級デパート「ゲイソン」あり「セントラルワールドプラザ」や焼け落ちた「zen」そして「伊勢丹」がある交差点です。

反独裁民主戦線(UDD)によるデモ集会実施について                  (5月17日現在)
1.治安当局によれば,反独裁民主戦線(UDD:通称「赤シャツ・グループ」)は,2010年にバンコク都内ラチャプラソン交差点を中心として行われた大規模デモに対する強制排除から2年を迎える5月19日(土)に同排除による犠牲者の追悼をするため,以下のとおりデモ集会を行う模様です。
●日  時:5月19日(土)14時頃~翌15日午前00時頃迄●場  所:ラチャプラソン交差点●人  数:数万人が参集する可能性有り

2.つきましては,上記1.のとおり,UDDによるデモ集会の影響で,デモ集会当日の早朝からラチャプラソン交差点周辺では警察による規制等により交通渋滞や人の混雑が予想されますので,報道等から最新情報の入手に努めるとともに,同交差点の周辺に近づく場合には,十分に注意を払ってください。

DSC_1029_convert_20120519030524.jpg
ラチャプラソン交差点です。ここでUDD赤服(タクシン派)が集会を開くそうです。気を付けてください。

DSC_1027_convert_20120519030606.jpg
高級ショッピングモール ゲイソンです。

DSC_1022_convert_20120410185829.jpg
この広場に赤シャツが勢ぞろいするのか?

DSC_1011_convert_20120410181820.jpg
セントラルプラザ左側ZENが焼け落ちたのは記憶に新しいですね。ZENのオーナーは黄色服(反タクシン派)だったので燃やされたらしいです。

DSC_1020_convert_20120410183318.jpg
伊勢丹が併設されています。伊勢丹はデモのとき特に燃やされたりしなかったのですが、営業上の損失は計り知れなかったのではないでしょうか?

1386.jpg
バンコクにある伊勢丹です。



スクンビットソイ65 ソイを歩こう!





スクンビットソイ65 ソイを歩こう!をご案内します。

 エカマイから東は日本人の駐在員はあまり住んでいないので、どちらかというと、現地採用者やロングステイヤーが多く住んでいる地域になりますね。将来、タイのバンコクでロングステイを検討している方にちょっとでも雰囲気を知ってほしくてスクンビットのソイ(小道)をご紹介します。

 スクンビットソイ65はBTSエカマイ駅とBTSプラカノン駅の中間くらいにあるスクンビット通りから入った小道になります。意外とこのソイにはアパートとコンドミニアムがあるのでご紹介します。

 ソイに入るとタイローカルを感じることができるんですが、歩いて思ったことは、タイの戸建の大きさにびっくりします。おそらくお金持ちの家になるんでしょうけど、タイは階級社会とはよく耳にしますが、確かに実感します。

DSC_0378.jpg
CHAIYAPRUK MANSION タイのロングステイヤーや現地採用者に人気のマンションです。

DSC_0379.jpg
CHAIYAPRUK PLACE  CHAIYAPRUK MANSIONよりも少し豪華なマンションです。

DSC_0380.jpg
CHAIYAPRUK PLACEはスクンビットから数百メートル奥に入るので、閑静なエリアになります。

DSC_0381.jpg
さらに奥に行くとHIVEというコンドミニアムがあります。新しい建物の感じがしますね。

DSC_0382.jpg
スクンビット65にあるタイの戸建て 立派な住宅ですね・・・

DSC_0383.jpg
スクンビットソイ65の風景はこんな感じです。

DSC_0384.jpg
庭がずいぶんと広いですね

DSC_0385.jpg
きちんと手入れされた樹木ですね。日本に比べ治安が悪いためか、柵がかなり厳重に作られていますね。

DSC_0386.jpg
門構えが立派ですね。カメラもちゃんとついています。セキュリティーに気を使っていますね。

DSC_0387.jpg
タイは固定資産税、相続税はありませんので、富める者はより富んで行く社会なんですね。

ザ・モール バンカピに潜入レポ





ザ・モール バンカピ潜入レポをお届けします。

ザ・モール バンカピはサイアム・パラゴンやエンポリアムを運営しているザ・モールグループです。

プラトゥーナムからセンセーブボートで乗ること30分ほどでザ・モールバンカピの船着き場に着くことができました。

大変便利なことにザ・モール バンカピの真裏に着くんですね。

裏手からザ・モール バンカピに入りますと、いきなりフードコートや食材を売っている売り場に着きます。

雰囲気は、サイアム・パラゴンやエンポリアムに似ていますが、それにしても大きいショッピングモールです。

お客さんはサイアムパラゴンやエンポリアムと違いタイ人ばかりですのでタイのローカルな雰囲気を感じることができるモールです。

ザ・モールバンカピには仕事帰りの人や学生さんなど様々な人がショッピングを楽しんでいる光景が見られます。

しばらく歩くと吹き抜けが見えるんですが、なんと吹き抜けには滝があるから驚きです。

おそらく風水か何かで水場を作っているんでしょうけど、結構本格的な滝です。

吹き抜けの周りにはレストラン街がありまして、おなじみのMK、hotpot、8番ラーメン、やよい軒、大戸屋、coco壱番屋、小舟、シャブシ、スキシ、ダンキンドーナッツ、スターバックス、マクドナルドとあげたらきりがないくらい飲食店があります。

もちろん、映画館、ボーリング場、カラオケはちゃんとあります。

ザ・モールバンカピはまさに超巨大なエンターテイメントショッピングモールといった感じです。

DSC_0340.jpg
買い物客が多いですね。

DSC_0341.jpg
おいしそうな食材が売っていますね。思わず食べたくなりますよ。

DSC_0343.jpg
タイのショッピングモールはそれにしても吹き抜けが好きですね。

DSC_0344.jpg
大きい吹き抜けのエリアにきました。実は滝があるんです。

DSC_0345.jpg
したでは何かのフェアでもやっているのでしょうか?

DSC_0346.jpg
滝です。タイ人は滝が好きらしいですね。

DSC_0347.jpg
タイは吹き抜けが定番です。毎回思いますが、誰か転落したらどうするんだろう?と考えてしまいます。危険ですので注意が必要です。

DSC_0348.jpg
1Fではフルーツフェスタを開催していたんですね。

DSC_0349.jpg
ザ・モール バンカピの表は喧騒がすさまじいですね。エネルギッシュなアジアを感じられます。

DSC_0350.jpg
タクシーがいっぱいですね。

DSC_0352.jpg
ザ・モール バンカピ正面です。屋上はプールとかあるみたいですね。

DSC_0353.jpg
ザ・モール バンカピのテーマはパラダイスということです。

DSC_0354.jpg
マックとクリスピークリームドーナツがあります。

センセーブ運河でバンカピのザ・モールへ行こう!





ザ・モールバンカピ センセーブ運河ボートで行く!

バンカピとはバンコクの北東にあるバンカピ区のことを言います。

バンカピになるとタイ人ばかりでまさにタイのローカル度満点な場所です。

バンカピに住んでいる日本人は、ロングステイヤーの域を超えて移住しているといっても過言ではないようなエリアです。

ある意味タイ・バンコクの本当の姿を知りうる場所かもしれませんね。

BTSスクンビットライン沿線はどちらかというと東京なら山手線の内側に相当する場所なので、スクンビットエリアはどちらかというと特別なエリアになりますね。

先日はタイバーツが3920と良かったので、ラチャダムリ通りにあるグランドスーパーリッチに両替をしに行きました。タイバーツの両替なら右枠にある御礼満員両替所をクリックするとベストな両替所が分かります。

ラチャダムリ通りからプラトゥーナムへ行く途中に運河がありますので、下に降りるとボート乗り場があります。ボートに乗り込んでから行先を告げて支払します。バンカピにあるザ・モールへは20バーツほどです。

渋滞を知らずに移動できるタイ庶民の足になっています。途中の景色が面白いので乗ってみる価値ありですね。


大きな地図で見る
Aからバンカピのモールへ

DSC_0332.jpg
ラチャダムリ通りプラトゥーナムからセンセーブ運河のボートに乗れます。

DSC_0333.jpg
20バーツ払って出発です。

DSC_0334.jpg
船と船がすれ違います。

DSC_0335.jpg
バンコクも新旧入り交ざった街ですね。

DSC_0337.jpg
川沿いにはスラムが残っています。

DSC_0338.jpg
バンカピ区に入りました。

DSC_0135.jpg
ザ・モールに到着しました。ザ・モールはこの船着き場と直結しています。

テスコフードコート





本日はテスコのフードコートへ行きました。

テスコはイギリスの流通最大手で、タイでもいたるところで見かけることがあります。値段も安くて新鮮なのでよく利用しています。BTSオンヌット駅から直結しているので利用している日本人や外国人も多いのではないでしょうか。
ロングステイヤーにとってフードコートは気軽で安くて料理の種類も豊富なので重宝する場所になると思います。

DSC_0963.jpg
オンヌット駅周辺では多くのコンドミニアムの建設ラッシュになっている。

DSC_0375.jpg
指をさして注文すれば通じます。

DSC_1092.jpg
ぶっかけごはん 40バーツ

DSC_1093.jpg
豚か牛の血で作られた料理ナムトック?。滋養にいいらしいです。

バムルンラート病院 スクンビットソイ3にあります。





タイの病院施設の紹介です!
 タイでロングステイを考えるうえで避けて通れないのが医療の問題だろう。
日本にいる時でさえ、病気や怪我になった場合は、冷静に対応できないものだ。まして、異国のタイで、病気や怪我になった場合、どうすればよいのか見当もつかない方も多いのではないだろうか?

 でも実際はあまり心配しなくてもよいのです。

 バンコクでは、代表的な私立病院の医療水準はかなり高く、日本の病院と比べてもあまり遜色ないと言えます。  
 
 バンコクの病院では、日本の医学部を卒業した医師あるいは日本の病院で研修を受けた医師そして看護師などが勤務していますので、あまり心配しなくても大丈夫です。

 また日本語通訳(日本人又はタイ人)などを勤務させ、専用窓口を設けるなど、日本人受診者に不安を抱かせないような配慮がなされています。

 今回はバムルンラート病院を紹介します。この病院はタイのお金持ちが利用している私立病院でまるで、ホテルのロビーのような受付があり、スターバックスやマクドナルドやコンビニそしてフードコートも備わっていますので快適な環境が整っています。

 日本語にも対応しているので安心して診療を受けることができますが、診療費がかなり高額なので、海外旅行保険やクレジットカードの保障を今一度確認しておくのが良いでしょう。

 あとよく言われるのが、医療費の支払いのために保険に入るというよりも、保険に加入さえしておけば、自分が話すことができないような状況になっても、病院にとって治療費のくいっぱぐれがないの心配がないので適切に診療してくれるメリットがあります。突然救急車に運ばれても「この患者お金持ってなさそうだな・・」となると病院に受け入れを拒まれる可能性があるので注意が必要です。

 1年を超える滞在者は、タイの医療保険等に加入することをお勧めします。

バンコクの病院情報
パタヤの病院情報
チェンマイの病院情報
ホアヒンの病院情報
プーケットの病院情報

病院情報をリンクしてあります。健康のうちぜひチェックしておきましょう!

DSC_0955.jpg
バムルンラーと病院はナナ(スクンビットソイ3)にあります。

DSC_0959.jpg
まるでホテルのような受付だ。

DSC_0961.jpg
フードコートも備わっている。

BTSアソーク駅 ターミナル21のフードコートは激安です。





ターミナル21のフードコート

先日アソークにある大型商業施設 ターミナル21のフードコートへ行ってきました!

今までは、フードコートの料理の値段が高そうだったので行くことがありませんでしたが、ちょっと行ってみることにしました。

予想に反して安いです。ぶっかけごはんは普通おかず一品とごはんで35~40バーツ、2品で40~45バーツ程度なんですが、アソークにあるターミナル21のフードコートはおしゃれで清潔にもかかわらず、おかず2品とごはんでなんと33バーツでした。

懐にやさしいフードコートですね。いちど訪れてみてください。

DSC_1084.jpg
ここでクーポンカードを購入します。100バーツ分購入しました。使い切らなかったらここでカードと残額を清算します。

DSC_1076.jpg
種類が豊富なので、何を食べるかいつも迷いますね。

DSC_1079.jpg
お客さんでいっぱいですね。

DSC_1082.jpg
だいたいどれを見ても日本円で100円程度で食べれてしまう。

DSC_1077.jpg
ぶっかけごはんを注文しました。なんと33バーツ日本円で85円ほどです。本当にタイは物価が安いですね。

DSC_1078.jpg
眺めも最高のフードコートです。タイの楽しさを満喫できる場所ですね。




タイ ロングステイでの心得ておくべきこと





タイの交通事故死亡者数です。

タイ(警察発表)交通事故死者数 10,171人  人口 6593万人
日本(警察発表)交通事故死者数 4,914人  人口 1億2625万人
(2009年データ)

日本の人口はタイの約2倍ですが、交通事故死はタイの半分程度。つまり、日本にいるときと比べタイにいるときは交通事故死になる確率は約4倍になってしまいます。

 タイで死亡事故が起きた場合の死亡保険金額は1約0万~30万バーツ程度ですが、車が保険金額は50万バーツ~100万バーツ程度ということです。

 つまりタイでは人の命よりも車の値段のほうが高いんですね!

 しかも車のほうが歩行者よりも優先なので、道路を横断する時も命がけです。歩道をあるいていると、後ろと前からバイクが走ってきますから、常に確認をしながら歩道を歩かないとえらい目にあいます。おまけに歩道は時たま穴が空いていますので、前後左右に気を遣いながら、下を見て歩かないといけません。

 タイ人は保険に入ると「保険に入ったんだから、もう事故を起こしても安心だ!明日から心起きなく飛ばせるぞ!」という考えになるらしい。
 タクシーに乗るとスピードをぶっ飛ばしまくるドライバーが多いのに納得できる読者は多いのではないだろうか?

 ロングステイ・長期滞在をするときは、心得として覚えておきましょう!

DSC_0061.jpg
道路を横断する時は、車だけでなく、モーターサイ(オートバイ)にも気を付けましょう!

ファイクワーン駅周辺






地下鉄ファイクワーン駅周辺案内します。

 タイでロングステイ・長期滞在を希望している日本人は最近増えている。日本経済の閉塞感に加え、将来の不安がぬぐいきれないからだろうか?一方東南アジアの新興国の経済成長はすさまじく、特にバンコクあたりは経済が沸騰している感じがする。

 ファイクワーン駅周辺は、バンコクでロングステイ・長期滞在をしている人が多く集まるエリアで、理由は、都心に行きやすくて家賃や物価が安いのが理由だ。

 このファイクワーン駅周辺は名湯(MP マッサージパーラーいわゆるソープ)が集中しているエリアでも知られている。バンコクに行くたびにこのエリアに寄る方も多いのではないだろうか?

 そんなファイクワーン駅周辺をご案内します。

バンコクのエリア情報 は自在人のホームページを参考にしてください。

DSC_1086.jpg
MRTファイクワーン駅

DSC_1048.jpg
秋篠宮殿下や小泉元首相も訪れたソンブーン ファイクワーン支店超有名レストランだ!

DSC_1087.jpg
ファイクワーン駅徒歩1分にある高級ソープ シーザー!

DSC_1088.jpg
駅から降りて南下するとMP(マッサージパーラー)の看板が見えますね。

DSC_1089.jpg
知る人ぞ知る!MPエマニエルです。

DSC_1090.jpg
日本人に超人気のMPナタリー! 値段もリーズナブルで女の子の在籍数はピカ1です。

メガバンナー(MEGAbangna)&IKEAの様子3





今回は、メガバンナー(MEGAbangna)&IKEAの様子3をお伝えします。

メガバンナーは本当に広くて、まだまだお伝えすることはたくさんありますが、今回が最終回。

ボーリング場、アイススケート、カラオケそしてシネマコンプレックスとタイカルチャーセンター駅にあるエスプラナーデと同じですね。開発している会社が同じですからね。エスプラナーデも大きいのですが、メガバンナーは名の通りメガ級の大きさです。

DSC_1140.jpg
タイでもプロリーグがあるんですよ。

DSC_1154.jpg
メガバンナー正面玄関

DSC_1156.jpg
スターバックスで休息したことだし再度入店しよう!

DSC_1141.jpg
フードコートです。

DSC_1142.jpg
フードコートには多くの種類の料理がある。

DSC_1143.jpg
アイススケート場、ボーリング場そしてカラオケ まさにエンターテイメント施設だ!

DSC_1144.jpg
アイススケート場 

DSC_1145.jpg
リンク場を清掃しているので、みんなしばしの休息だ

DSC_1146.jpg
ボーリング場

DSC_1147.jpg
コンドミニアムや戸建てを販売している。

DSC_1149.jpg
銀行やエステ、美容院もあるので便利ですね。

DSC_1148.jpg
疲れた方はここで休むことができる。

DSC_1153.jpg
牛丼の吉野家は新装オープンまじかですね。

DSC_1152.jpg
ケンタッキーもあります。

DSC_1157.jpg
リンガーハットもありますね。タイで4店舗目らしいです。

DSC_1161.jpg
大戸屋もあります。








メガバンナー(MEGAbangna)&IKEAの様子2





今回は、メガバンナー(MEGAbangna)&IKEAの様子2をお伝えします。

 商業施設開発のサイアム・フューチャー・ディベロップメントはこのところ積極的商業施設を開発しており大きな目玉として開発したのが、メガバンナーです。IKEAとショッピングモールだけでなくビッグCやシネマコンプレックス、ボーリング場、アイススケートリンク、銀行、美容院、マッサージ、レストラン街とすべてそろったショッピング&エンターテイメント施設です。

 日本の場合は単体でIKEAがあり、他の商業施設と離れていることが多いですが、バンコクのIKEAはショッピングモールと直結しているので非常に便利ですね。特にタイは暑いから助かりますね・・

 メガバンナー1F入口近くにはユニクロがあります。ユニクロメガバンナー店はタイで4番目のお店ということです。このところ大量出店していますね。タイでもうまくいってほしいもんです。本日は月曜日なのでお客はあまりいませんでした。

 お客さんで賑わっているのは、フードコートやレストラン街でしょうか。レストラン街ではやよい軒、大戸屋、ペッパーランチ、リンガーハット、ココ壱番屋、哲麺などおなじみのレストランもありますね。
牛丼の吉野家も間もなくオープンします。

 他のショップも同様に、タイではまだ購買力が思ったよりもあるわけでなく、あくまでもエンターテイメントとして来客しているお客が多いと思われます。その証拠に、各テナントに商品を手に取っているお客さんはあまり見られず、フードコートそしてレストラン街に行くとお客さんであふれかえっていますからね。時間は15:00前後にも関わらずです・・・

 帰りの無料シャトルも買い物袋を持っているお客は少なく手ぶらのお客さんのほうが目につきました。

ともあれ、すべてが揃う巨大商業施設メガバンナーはぶらぶらしているだけでも楽しいので、お勧めですよ。

DSC_1131.jpg
1Fの様子はこんな感じ・・

DSC_1132.jpg
2Fのマップです。

DSC_1158.jpg
タイでは4番目の出店になるメガバンナー店ユニクロです。

DSC_1135.jpg
1Fにはユニクロ、2Fにはやよい軒が入居しています。

DSC_1136.jpg
ほんとに広々としていて面白いですね。

DSC_1137.jpg
メガバンナーには数百店舗も入居しているみたいです。

DSC_1138.jpg
車を販売していますね。最近の日本でも大型商業施設で車を販売するようになりましたからね。日本もタイもあまり変わらなくなってきました。10年前では想像もできませんでしたね。

DSC_1150.jpg
開放的なメガバンナー

DSC_1139.jpg
とりあえずスターバックがあるので休憩します。

DSC_1155.jpg
スターバックスへ






メガバンナー(MEGAbangna)&IKEAの様子





今回は、メガバンナー(MEGAbangna)&IKEAの様子をお伝えします。

ウドムスック駅から無料シャトルでおよそ15分ほどでメガバンナーIKEA前に到着します。
最近、日本各地でも郊外に大型モールが誕生していますが、異国のタイでも同じようなことが起きていますね。
メガバンナー(MEGAbangna)&IKEAはかなり大きく一日中いてもあまり飽きそうもないくらい大きいです。

さっそくIKEAに行ってみることにしました。
ちなみにIKEAの由来は、創業者イングヴァル・カンプラード (Ingvar.Kamprad) のイニシャルに、彼が育ったElmtaryd農場とAgunnaryd町の頭文字をつなげ合わせたものである。ということです(wikipediaより)。設立はスウェーデンの田舎町エルムフルトですが、本店所在地はオランダになっています。税率が安いのでオランダに本店があるそうです。

タイのIKEAの店内の様子は日本のIKEAのそれとあまり変わりありません。値段も日本のイケア家具とあまり変わりないものも多いのですが、小物・雑貨はやはり日本よりも値段がだいぶ安いです。品目も多いような気もします。いずれにしてもまだタイ人にとってIKEAは少し高級な家具店なのかもしれませんね。

ちょっと小腹がすいていたので、IKEAのホットドックを買ってしまいました。なんと15バーツ(日本円で39円)ですよ。値段につられてついつい・・

 イケアのホットドックはパンにウインナーを挟んでいるだけのとてもシンプルなホットドックなんですが、安いのでマイペンライです。
 腹ごしらえもできたのでさっそく今月オープンしたメガバンナーのモールに行ってみようと思います。
メガバンナー公式ホームページはこちらから
次回へつづく
DSC_1127.jpg
メガバンナー(MEGAbangna)&IKEA到着しました。帰りもここから帰ることになります。2台ともウドムスック行きです。

DSC_1125.jpg
日本と変わらないデザインのイケア。

DSC_1126.jpg
IKEAとメガバンナーは直結しています。左手がイケア、右手がショッピングモールです。行き来が便利ですね。
DSC_1133.jpg
さっそく店内に入るとしますか。

DSC_1134.jpg
メガバンナー(MEGAbangna)&IKEAのエントランスです。車も販売していますね。

DSC_1159.jpg
イケア店内の様子。月曜日なので空いていますね。

DSC_1128.jpg
IKEA店内から出ると人が混んでいる場所があります。ちょっと覗いてみます。

DSC_1129.jpg
アイスクリームとホットドックを販売していますね。ホットドックがなんと15バーツです。

DSC_1130.jpg
15バーツというだけあってとてもシンプルなホットドックです。

メガバンナー(MEGA bangna)への行きかた





メガバンナー(MEGA bangna)へ行ってきました!

 メガバンナー(MEGA bangna)とは、超巨大ショッピングモールで家具のIKEAとショッピングモールが併設している一大商業施設です。この商業施設は単なるモールだけでなく、ボーリング場やアイススケートリンクそして映画館があるので、一日中いても飽きない商業説になっています。

開発はJ-アベニューやエスプラネードを手がけたサイアム・フューチャー・デベロップメント(SF)ということだけあって、タイでロングステイしている方にとってはあまり新鮮に感じられないかもしれません。

このメガバンナーへの行き方は、BTSウドムスック駅から行くのが便利です。

ウドムスック駅5番出口から出るとセブンイレブンがあります。セブンイレブンの前がメガバンナーへ行く無料シャトルの停留所です。セブンイレブンの目の前が無料シャトルを待つ場所なのですが、何も書いていませんので、不安になると思いますが、若干ファラン(白人)がバスを待っている雰囲気がしますので、何となくわかります。

メガバンナーへのシャトルは30分間隔くらいで運行しています。ウドムスック駅からメガバンナーへはだいたい15分程度で行きます。無料シャトルはウドムスック発10:00~メガバンナー発23:00まで運行

タイでロングステイをしてみたい方は、筆者のホームページに訪れてみてください。www.zizaizin.com


DSC_1116.jpg
Ideo Sukhumvit 103

DSC_1117.jpg
駅構内の標識には出口が①~④しかないが、①出口のほうへ向かうと⑤出口の標識が見える。⑤出口から降りよう。

DSC_1118.jpg
セブンイレブンの前からメガバンナーへの無料シャトルが出る。30分間隔で運行している。

DSC_1119.jpg
セブンイレブンのわきには商店街がある。ちょっと怪しい雰囲気が漂っている。喧騒なるバンコクだ!

DSC_1122.jpg
商店街は結構奥まで続いている。

DSC_1120.jpg
Ideo Sukhumvit 103の隣には空き地ができている。おそらくここにも巨大なコンドミニアムが建設されるのでしょうね?タイでよく起こることですが、隣の敷地の様子を確認してからコンドミニアムを購入しないと、えらい目にあうことが良くあります。この隣に大きなコンドミニアムでも建った日には、ガラス張りの部屋を購入したことにきっと後悔する日が訪れることになりますからね。

DSC_1124.jpg
メガバンナー行きの無料シャトルです。待つこと30分くらいでしょうか。ウドムスック駅から15分から20分程度でメガバンナーIKEAへ行くことができます。

歓楽街 ナナ夜の様子





夜の街 ナナ!
ナナはバンコクでも屈指の歓楽街なのは今さらいうに及ばずですね。

ナナは世界各国から女を求めてはるばる集まるインターナショナルな場所です。
アラブ人街があるのでアラブ人が多く集まるし、ファラン(白人)も遊びに来るエリアになっています。もちろん相変わらず日本人も多く遊びに来ております。

そんなきらめくナナ駅周辺を探索してみました。

DSC_0305.jpg
ナナエンターテイメント 3階建ての建物に多くのゴーゴーバーやビアバーが軒を連ねる。

DSC_0308.jpg
スクンビットソイ4 ナナエンターテイメント前にある道の様子。この写真には写っていないが、後ろには多くのストリートガールが男に声をかけている

DSC_0310.jpg
ナナ界隈では貴重な日本料理店 茶茶

DSC_0311.jpg
ロシア女性と遊べる有名なラジャホテル!

DSC_0307.jpg
スポーツパブには多くの白人(ファラン)が楽しそうにビールを飲んでいる。




プロフィール

タイでロングステイ 自在人

Author:タイでロングステイ 自在人
初めまして!自在人と申します。
自在人 の名前ですが、海外で暮らすこと(ロングステイ・長期滞在)を好きな時にしたいだけ『自在に』できる人になれるように名前を付けました。

1995年11月の海外旅行で初タイ。エキゾチックな文化に魅了される。
それから折を見てはタイへ行くことが仕事のモチベーションとなる。

ある時 パタヤのビーチでふと「タイに将来移住したいな」と本気で考えるようになったのが始まりです。


タイバーツ満員御礼両替所


タイでロングステイをするのならどの都市が良いですか

投票をすればタイでのロングステイ・長期滞在の人気エリアがわかります! タイのどの都市でロングステイをしたいですか?


旅行情報はトリップアドバイザー

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。


タイのホテルはアゴダで予約!

アゴダ予約ページ


タイ ロングステイ専門サイト

タイロングステイ


タイのエリア情報


タイの情報はこちら!


タイに関するブログはこちらでチェック!


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ ポチッとご協力をお願いします! ジモモ バンコク タイと日本のコミュニケーションサイト!タイ、バンコクで遊ぶ、タイ語を学ぶ、タイでの求人・求職、掲示板やお勧めクーポン情報


バンコクの天気

Find more about Weather in Bangkok (Don Mueang), TH


タイの時刻


自在人のつぶやき


最新記事


月別アーカイブ


検索フォーム


タイをもっと知りタイ!

このブログをリンクに追加する


QRコード

QR


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ相互リンクを受付けております。 連絡お待ちしております。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。