FC2ブログ
タイで自在にロングステイ・長期滞在
タイの物価は日本の物価の1/3程度なので非常に暮らしやすい。物価だけでなく食べ物もおいしい。そんなタイでロングステイをしてみませんか?タイのロングステイ・長期滞在の楽しさをちょっとだけ伝えるブログです。
ワインコネクション レインヒル@プロンポン(バンコク、スクンビットソイ47)






ワインコネクション レインヒル@プロンポン(バンコク、スクンビットソイ47)

最近のバンコクも酷暑が続くようになりました。先ほどテレビを観ていたら天気予報でタイのいたるところで最高気温が41℃を超えるとのことです。

こんなに暑いので屋台ではさすがに厳しいですので冷房がギンギンに効いているところで食べるのが一番ですね。

筆者は夜によくレインヒル、スクンビットソイ47にあるワインコネクションによく行きます。

ワインコネクションは美味しくて、リーズナブルそして音楽が流れているのでお気に入りです。



Wine Connection Rain Hill / ワインコネクション レインヒル
Ground Fl, Rain Hill Project, Sukhumvit 47, Sukhumvit Rd., Klongton-Nue, Wattanam, Bangkok
Tel 02-261-7217
営業時間 10:00~25:00 年中無休

レインヒル47
スクンビットソイ47にあるWine Connection Rain Hill / ワインコネクション レインヒル

IMG_0694.jpg
レインヒルとは雨と樹木をテーマにしているそうです。

IMG_0705.jpg
ワインコネクション店内

IMG_0704.jpg
こんな暑い日はビールが一番です。うまぁ!

IMG_0708.jpg
サラダ120バーツ?くらいだったような・・ 結構、量があります。

IMG_0715.jpg
ペスカトーレ 160バーツ

レインヒル ピザ
ピザ これも絶品です!
スポンサーサイト

タイの歩道は危険でいっぱい!





タイの歩道は危険でいっぱい!

タイでロングステイ・長期滞在をしているとある意味日本の素晴らしさがしみじみと感じられる時があります。

例えば歩道! 日本はスマホを見ながらでも歩道は安全・安心して歩くことができますが、タイではそうも行きません。

歩道の真ん中に電柱があったり穴があったり,

前後左右からバイクが歩道に乗り上げて走ってくるし・・

とにかく歩道でも危険がいっぱいですので気を付けましょう!

IMG_0792.jpg
歩道には危険が・・・ エカマイの歩道ですが、ずーっとこんな感じです。

IMG_0790.jpg
なんで歩道の真ん中に電柱が立っているのか・・・ 

IMG_0785.jpg
日本なら間違いなく問題になりそうですね・・


大連飯店@エカマイ本店(バンコク、エカマイ)





大連飯店@エカマイ本店(バンコク、エカマイ)

バンコクのエカマイ駅からスクンビットソイ63を歩くこと5分程度にあります、バンコク在住者ではしなない人はいない?有名な中華料理屋があります。

その名も大連飯店!

大連出身の中国人家族が経営する家庭的な中華料理の店で気取らない雰囲気で食事ができるので多くのバンコク在住者が利用しています。

タイ料理のような激辛やすっぱ辛料理もなく、日本人にはなじみやすい味で、値段もとてもリーズナブルなのでおススメですよ。

おすすめは焼き餃子!10個もあって60バーツ!

大連飯店 エカマイ本店
営業時間 11:00~23:00 年中無休


IMG_0823.jpg
大連飯店 エカマイ本店


IMG_0825.jpg
周りの人が注文していましたので注文!60バーツ! うまぁ!

IMG_0826.jpg
名物餃子 60バーツ! 

IMG_0827.jpg
ピータン豆腐

IMG_0828.jpg
この料理が来た時にはすでに酔っていて・・記憶にありません...

バンコクのエンポリアムで新幹線展示会が開催





バンコクのエンポリアム(プロンポン)で新幹線展示会が開催

最近、タイでも高速鉄道のニュースが散見されるようになりました。


タイ運輸省は
バンコク―東北部ノンカイ(全長615キロ)
バンコク―南部パダンベサール(982キロ)
バンコク―東部ラヨン(221キロ)
バンコク―北部チェンマイ(745キロ)
の四路線の入札を目指しているそうですが当然、日本も落札できるよう準備をしていると思われます。

そこでJR九州(九州旅客鉄道)による企画展「幸せな旅の創りかた:創造性を通して九州を元気にする」をBTSプロンポン駅に直結しているエンポリアム6階で開催しております。

さっそく様子を見に行きました。

JR九州の歴史や事業を紹介するほか、駅舎や列車のデザインを手がけた水戸岡鋭治氏のスケッチやイラスト、座席見本や制 服の素材などデザインワークを展示します。

インラック首相もJR九州の新幹線に同乗したこともありタイの高速鉄道が新幹線になるべくJRは布石を打ち始めております。

ぜひ新幹線がタイで走るようになってほしいですね。

「幸せな旅の創りかた:創造性を通して九州を元気にする」展
3月16日~5月26日 火~日:10時半~21時(月曜日休館)
TCDC第2展示室(エンポリアム6階)
0-2664-7667


IMG_2201.jpg
JR九州の新幹線 つばめ

IMG_2202.jpg
タイ人も真剣に展示会を観ています。

IMG_2203.jpg
つばめの模型

IMG_2204.jpg
どこかの国の高速鉄道とはわけが違いますね。どこかの高速鉄道は切符を買ってもすぐには乗れませんあるいは切符を購入できるか微妙なので、待合室がまるで巨大な空港のように馬鹿でかいです。遅い飛行機になってしまっていますね。

IMG_2205.jpg
新幹線とは何ぞやをわかりやすく解説しています。

IMG_2206.jpg
JR九州の歴史

IMG_2207.jpg
新幹線 つばめの座席 和のアートが盛り込まれていますね。

ユニクロ パタヤに進出





ユニクロ パタヤに進出

パタヤビーチにあるセントラルフェスティバル(センタン)にユニクロのパタヤビーチ店が2013年4月12日にオープンします。

ちょうどソンクラン(水かけ祭り)と同時にオープンになるので宣伝効果抜群かもしれませんね。

ソンクラン中なのでユニクロで服を買っても水でびしょ濡れにならないよう気を付けましょう!

とにかく最近のパタヤも猛暑になりつつあります。

パタヤでロングステイ・長期滞在はhttp://www.pattaya-longstay.com/

IMG_1671.jpg
パタヤのセントラルフェスティバル タイ人はセンタンと呼びます!

IMG_1654.jpg
ユニクロ パタヤビーチ店まもなくオープン!

IMG_1655.jpg
扉をのぞいたら商品が納入されていました。確実にオープンできる状態になっていますね。

写真
パタヤのビーチロード ユニクロの宣伝がいたるところに・・

K-Village(バンコク、プロンポン)にあるWine Connection





K-Village(バンコク、プロンポン)にあるWine Connection

バンコク、スクンビットソイ26にあるK-Villageはちょっとしたショッピングモールですが、その中にリーズナブルにイタリアンが楽しめるワインコネクション (Wine Connection)があります。

通常のイタリアンレストランに比べおいしくしかも安く料理の量も多いのでしばしば筆者は訪れます。

バンコクでロングステイ・長期滞在をしているとおいしいビールもたまには飲みたくなるもんです。

特にワインコネクションのビールはおいしいのでお勧めです。

K-Village Wine Connection
93,95, K-Village Room A116-118, Soi Aree (Sukhumvit26), Sukhumvit Road, Klongton, Klongtoey, Bangkok 10110
Tel: 02 661 3940 Wine shop02 661 3942 Restaurant
Fax: 02 661 3944

1356948454365.jpg
K-Villageは典型的なバンコクのショッピングモールです。

k-village wine connection
K-Village Wine Connection

1356949679959.jpg
ワインコネクションの様子

1356949664713.jpg
うまい!!このビールが最高!0.5ℓあるので飲みごたえあります。120バーツ

1356950121126.jpg
一人では食べきれない量です。

スクンビットソイ38屋台街 おいしいバミー屋台





スクンビットソイ38屋台街 おいしいバミー屋台

おいしいクイッティアオ(ラーメン)、なかでもバミーがおいしいと評判の屋台がトンロー駅前にあるスクンビットソイ38屋台街にあります。

ここのバミーは海老ワンタンが入っていてスープがとてもおいしくあっさりと食べれます。

かつてはタイのラーメン何とかでチャンピオンの賞を獲ったことがあるとかないとか・・とにかくバンコクでは有名らしいです。

タイでうまいクイッティアオ(ラーメン)を求めている人はお勧めのお店ですよ!

IMG_0743.jpg
バミー屋のおやじ 左の人がオーナーです。もうかれこれ10年以上はここで営業をしています。

IMG_0742.jpg
本当にまじめに麺にこだわっています。頑固おやじです。

IMG_0748.jpg
あっさりしていて日本のラーメンに似ています。

IMG_0749.jpg
絶品ですね。杉並区永福町の大勝軒にどこか通ずるものがありますね?・・言いすぎですか?本日はちょっと酔っぱらってブログを書いています・・

IMG_0747.jpg
となりのパッタイ(タイ風焼きそば)おやじの屋台 タイのテレビ局チャンネル3の賞をもらっていますね。

バミーヘン
バミーヘーン 汁なし こっちもうまい!アロイマーク!

バンコク スクンビットソイ38屋台街





バンコク スクンビットソイ38屋台街

バンコクに観光旅行で来た人はまず最初にしたいことは「とりあえずタイ料理でも食べようか」となるのではないでしょうか?

タイのバンコクには多くの屋台がありどこで食べればよいかわからないですよね。また、どうやって注文したらいいかわからないですよね。

そんなときお勧めなのがBTSトンロー駅前にあるスクンビットソイ38の屋台街です。

通常屋台にはメニューらしきものはありませんが、ここの屋台街はメニューもありますし日本語メニューもありますので注文しやすいです。

IMG_0736.jpg
トンロー駅前にあるので便利です。

IMG_0737.jpg
どれもおいしそう!

IMG_0738.jpg
うまくて安い!20バーツ

IMG_0739.jpg
味噌だれがおいしい

IMG_0740.jpg
ヤムムー80バーツ

IMG_0741.jpg
揚げパンもおいしい!

パタヤミュージックフェスティバル2013(Pattaya International Music Festival 2013)





パタヤミュージックフェスティバル2013
(Pattaya International Music Festival 2013)


3月22金曜日から3月24日日曜日 パタヤビーチでパタヤミュージックフェスティバルが始まります!

パタヤビーチロード沿いに会場が複数箇所もうけられておりタイで最も大きな音楽の祭典が始まろうとしております。

ビーチロード沿いにはテントが張り巡らされておりちょっとした渋滞が起きていますが、フェスティバル当日の14時〜26時までビーチロードには車の進入禁止時間になっております。

筆者は残念ながら金曜日にはバンコクへ戻ってしまうのでパタヤミュージックフェスティバルをみることができませんが、時間がある方はぜひ参加してみてください!

開始時刻は18時30分頃〜25時頃まで開催しているそうです。

image (1)
パタヤミュージックフェスティバル2013

pattaya music festival1
パタヤミュージックフェスティバル2013はタイで最大級の音楽祭典! タイミュージック好きの方には必見です!

pattaya music festival 2
メイン会場 準備中ですが、明日開催にも関わらず、あまり準備がされていないようです。大丈夫なんでしょうかね?

キッチン新潟(バンコク、プロンポン)のオムライス





キッチン新潟(バンコク、プロンポン)のオムライス

バンコクでロングステイ・長期滞在をしていると無性に日本食が恋しくなりますよね。

そんなときおすすめなのがBTSプロンポン駅下車2分のところにあるキッチン新潟がおすすめです。

スクンビットソイ24と26の間にありますので多くの日本人が利用しています。

おいしいのはもちろん価格もリーズナブルなので、知っておいて損はありません!

IMG_0110.jpg
キッチン新潟はスクンビットソイ24とスクンビットソイ26の間にあります。

IMG_0638.jpg
人気メニューのオムライス

麺処 セーウ@スクンビットソイ49(バンコク)





麺処 セーウ@スクンビットソイ49(バンコク)

バンコクで美味しいクイッティアオを食べたくなったら、BTSトンロー駅よりプロンポン駅方面に歩いて5分ほどのところにある麺屋 セーウがお勧めです。

ちなみに『クイッティアオ』とは、お米で出来た麺の総称で麺の太さによって、名称が異なります。


1356763059432.jpg
トンロー駅より歩いて5分ほどするとスクンビットソイ49になります。ここを曲がったら50メートルするとセーウはあります。

IMG_0724.jpg
クイッティアオ専門店 セーウ(バンコク、トンロー)

IMG_0720.jpg
見逃してしまいそうなお店です。

IMG_0722.jpg
セーウの店内

IMG_0721.jpg
セーウの店内

IMG_0723.jpg
バミー あっさりしておいしいです。

バンコク、プロンポン スクンビットソイ22を歩いてみよう!





バンコク、プロンポン スクンビットソイ22を歩いてみよう!

BTSプロンポン駅アソーク駅の中間ほどのところにあるスクンビットソイ22!


スクンビットソイ22には、クイーンズパークプラザやホテルリージェンシーパークそしてインペリアルクイーンズパーク等あります。

そしてスクンビットソイ22の裏路地には哀愁ただようスナックやバーなどがありますし各国のレストランもいたるところにありますので開拓するとちょっと面白いソイ(小道)かもしれませんね。

ちょっと暇なのでスクンビットソイ22をパトロールしてみました!

IMG_0666.jpg
スクンビットソイ22 さっそく歩いてみました!

IMG_0667.jpg
古さと新しさが交わるスクンビットソイ22

IMG_0671.jpg
クイーンズパークプラザ 哀愁漂うバーが多くあつまる場所

IMG_0668.jpg
ホテル ホリディ―イン 

IMG_0673.jpg
クイーンズパークホテル

IMG_0674.jpg
マッサージ屋もありますね。

IMG_0676.jpg
イタリアンレストラン ビバビーノ

IMG_0677.jpg
サービスアパート アドミラルスイート ロングステイ用のサービスアパート ちょっとした長期の滞在にいいかも知れません。

IMG_0678.jpg
サービスアパート アドミラルスイート

IMG_0680.jpg
サイナムティップ学校 都会の学校ですね。

IMG_0681.jpg
サイナムプン学校

IMG_0683.jpg
この奥には木先生の足の裏マッサージ屋があります。

IMG_0685.jpg
最近のバンコクは大都会になっていますね。

IMG_0686.jpg
向こうに見えるのはアグストンマンション

IMG_0687.jpg
日常のバンコク




中華料理 養生堂(ヤンセンタン)ランスアン店 (バンコク、チットロム)





中華料理 養生堂(ヤンセンタン)ランスアン店 (バンコク、チットロム)

BTSチットロム駅から降りてランスアン通りを南へ5分ほど歩くとスターバックス斜め向かいに餃子がおすすめの中華料理店、養生堂(ヤンセンタン)ランスアン店があります!


このお店は薬膳を扱った中華料理店ですので、滋養を欲している人にはお勧めですね。

養生堂(ヤンセンタン)ランスアン店は本当にうまくて滋養がありなんといっても安い!

VATやサービス料不要なのでお得感がありますね。

Yang Seng Tang 養生堂 (ヤンセンタン)は薬膳が入った中華料理ですのでおすすめですよ!


IMG_0615.jpg
養生堂(ヤンセンタン)ランスアン店はバンコクの青山、ランスアン通りにあります。

IMG_0616.jpg
養生堂(ヤンセンタン)ランスアン店内の様子

IMG_0619.jpg
牛肉入りラーメン 100バーツ どちらかというとうどんのような麺でしたが、見た目とは違いあっさりしてうまい!

IMG_0620.jpg
名物餃子 80バーツ 10個の餃子

IMG_0622.jpg
豚の肉汁がたっぷり詰まっていてうまい!

タイへ帰国 (ラオス、ビエンチャン)





タイへ帰国 (ラオス、ビエンチャン)

いよいよタイ、バンコクへ帰国するときが来ました。

筆者が泊まったゲストハウス・ミーサイパラダイスにお別れです。

夕方までにバンコクへ帰りたかったのですが、ビエンチャンから一番近いノーンカイそしてウドンタニーからの飛行機はほぼ満席!

仕方なくコンケーンの空港へ目指します!

コンケーンからタイ国際航空でバンコクスワンナプーム空港へ帰ります!

明日からまたタイのロングステイ・長期滞在情報をお届けします!

IMG_0360_convert_20130308213945.jpg
ラオスはフランスの植民地でしたのでフランスパンが朝から売られております。

IMG_0359_convert_20130308213916.jpg
今回、宿泊したゲストハウス・ミーサイパラダイスの様子

IMG_0354_convert_20130308213757.jpg
ゲストハウス・ミーサイパラダイス

IMG_0356_convert_20130308213821.jpg
とにかくフランスパンが美味しかった

IMG_0357_convert_20130308213845.jpg
ゲストハウス・ミーサイパラダイスの朝食



メコン川が見えるレストラン&バ(KemKong Restaurant)





メコン川が見えるレストラン&バー(KemKong Restaurant)

パタヤの次世代エースブロガー「パタヤビーチでエンジョイA GO GO! 」のkojiさんと一緒に、「ちょっとメコン川が見えるところで飲もう!」メコンの川岸を西の方に歩いていくことにしました。

歩いていく先のほうにちょっと楽しそうな場所が見えてきましたので早速訪れることにしました。

お店の名前はレストラン&バ(KemKong Restaurant)!

メコン川を眺めることができるしちょっとした演奏もしていますので雰囲気はかなりいいです。

訪れることをお勧めします!


IMG_0342_convert_20130307124023.jpg
メコン川岸にあるファーグム通りを西へ

IMG_0343_convert_20130307231213.jpg
西へ歩くこと5分ほどするとちょっと明るく賑やかなレストランを発見!

IMG_0344_convert_20130307231245.jpg
生き馬の目を抜くラオスッ子はトゥクトゥクでバーに乗り着けます!日本で同じことをすればあなたは街の人気者?

IMG_0345_convert_20130307231325.jpg
かなり残念なのがこの景色! 向こうに見える明かりはタイの町です!

IMG_0346_convert_20130307231349.jpg
レストラン&バ(KemKong Restaurant)の様子

IMG_0347_convert_20130307231421.jpg
バンドの生演奏も聞けるのでお店の中はラオス人でいっぱい!

IMG_0348_convert_20130307231440.jpg
店内の様子!

IMG_0349_convert_20130307231501.jpg
工事が終われば、もっと人気スポットになること間違い無しです!

IMG_0350_convert_20130307231527.jpg
悠久の大河メコンを眺めながらビア・ラオを飲むのは最高です!

IMG_0351_convert_20130307231559.jpg
ソムタムプー うまいが超激辛!バンコクの辛さの比ではありません!

IMG_0353_convert_20130307231631.jpg
ラオスソーセージ

ビエンチャンのナイトバザール(ラオス)





ビエンチャンのナイトバザール(ラオス)

ビエンチャンのナイトバザールはメコン川の前にあるインターシティーホテル前で日没から23時頃まで毎日開催されます。

とくにビエンチャンならではといったものはあまりありませんが、雑貨、Tシャツ等、品数も豊富にありますしちょっとした食べ物を売っている屋台もありますので暇つぶしにはいいでしょう。

バンコクのマーケットのように歩くのが大変といったこともないので気軽に見ることができます。

IMG_0338_convert_20130307123753.jpg
あまりお客さんはいませんね。

IMG_0337_convert_20130307123828.jpg
自転車をレンタルして市内を散策しているそうです。

IMG_0339_convert_20130307123933.jpg
ごま団子の屋台です。

IMG_0340_convert_20130307123914.jpg
小腹がすいたのでひとつ食べました。

アロイ、マーク!インドカレー(ラオス、ビエンチャン)





アロイ、マーク!インドカレー(ラオス、ビエンチャン)

タイに移住しているSAさんがビエンチャンにくるたびに通っているインドカレー屋があるということでさっそくメコン川の川岸にあるインドカレー屋さんに行くことにしました。

感想は! うまい! 安くて本当においしいカレーです。ラオスのビエンチャンに寄ることがありましたら訪れることをお勧めします!

IMG_0335_convert_20130307012240.jpg
今回ご紹介するインディア・レストラン NOORはメコン川沿いの道路、ファーグム通りにあります。

IMG_0341_convert_20130307012333.jpg
インディア・レストラン NOORはメコン川沿いにあるのでちょっと涼しく店外で食事を楽しんでいる人が多いですね。

IMG_0336_convert_20130307012305.jpg
さっそく店内に!

IMG_0333_convert_20130307012152.jpg
さっそくラッシーを注文です。いわゆるヨーグルトジュース シンプルな味ですが美味しいです。

IMG_0332_convert_20130307012124.jpg
カレー 15,000キップ〜22,000キップ 野菜カレー、チキンカレー、バターカレー等 どれも安くて美味しい!
日本円で150円〜220円

IMG_0334_convert_20130307012211.jpg
インドカレーと言えばナンですよね?

ビエンチャンのランドマーク『パトゥーサイ(凱旋門)』





ビエンチャンのランドマーク『パトゥーサイ(凱旋門)』

ラオスのビエンチャンに着いたのでとりあえず定番の見所を1カ所くらい見たいとみんなでビエンチャンのランドマーク『パトゥーサイ(凱旋門)』へ行くことにしました。

場所は通りLane Xang Ave.にあるパトゥーサイPatousayはパリの凱旋門を模して作られということです。

ラオス語でパトゥーとは「扉」「門」の意味がありサイとは「勝利」の意味なのです。

凱旋門を潜り見上げた天井にはラオスの典型的なモチーフ、神々や3頭の像などのレリーフになっているということです。

ビエンチャンのランドマーク『パトゥーサイ(凱旋門)』はもともとは戦没者の慰霊碑として1960年から建設が始められ、新空港建設に使用されるはずだったセメントで建てられたのだそうです。

ビエンチャンに来たら一度は訪れた方がいいおすすめスポットです。

ビエンチャンのランドマーク『パトゥーサイ(凱旋門)』
8:00〜17:00から上に上ることができきヴィエンチャン市内を一望できます!

IMG_0310_convert_20130306174953.jpg
ラオスの首都ビエンチャンのランドマーク『パトゥーサイ(凱旋門)』

IMG_0312_convert_20130306175042.jpg
写真ではわかりづらいですが結構でかいです。

IMG_0315_convert_20130306175129.jpg
凱旋門を下から上を見上げると・・

IMG_0318_convert_20130306175156.jpg
天井にはラオスの典型的なモチーフ、神々や3頭の像などのレリーフになっています。

IMG_0319_convert_20130306175229.jpg
凱旋門の中にはお土産屋さんがあります。

IMG_0320_convert_20130306175249.jpg
タイでも売っているお土産も結構ありますね。おそらく中国産でしょうけど・・

IMG_0321_convert_20130306175310.jpg
さらに階段を上にあがっていくとようやく展望台らしきところにでました。

IMG_0322_convert_20130306175346.jpg
ビエンチャン市街

IMG_0323_convert_20130306175406.jpg
ビエンチャンはラオスの首都ですが、本当に何もないのがわかりますね。

IMG_0324_convert_20130306175428.jpg
さらに階段をあがることができます。途中の階段は狭いので上るのも大変です。

IMG_0325_convert_20130306175453.jpg
ビエンチャンは本当にのどかですね。

IMG_0326_convert_20130306175513.jpg
ビエンチャン市街を一望できます。

ビエンチャンのパワースポット タートダム(ラオス)





ビエンチャンのパワースポット タートダム(ラオス)

宿泊しているゲストハウスで知り合った鉄人さん(コンケーンでロングステイをしている)も合流して近所のレストランでラオス料理を食べた後、パワースポットへ行くことにしました。

タートダムは黒の塔という意味がある塔で16世紀に立てられたそうです。建てられた当時は黒光りをしていた塔だったそうですが、風化が著しく1995年に修復したとのこと。

何気なく住宅地にあるのでちょっと気になる塔ですが、近づくと何かパワーを感じる塔です。

その証拠に近くにアメリカ大使館があります。とにかく気になる塔です。

IMG_0295_convert_20130306114439.jpg
ミー・コープ(あんかけ固焼きそば)めっちゃうまかったです。

IMG_0296_convert_20130306114521.jpg
腹ごしらえもしたので歩いてビエンチャンを偵察です。

IMG_0297_convert_20130306114548.jpg
巨大な樽が・・

IMG_0299_convert_20130306114612.jpg
見えてきました。普通の住宅地にひっそりと佇む タートダム(黒の塔)

IMG_0301_convert_20130306114635.jpg
ラオスの歴史を知る番人 タートダム 

IMG_0302_convert_20130306114657.jpg
ちょっと草木が・・あまり維持管理をしていないみたいですね。

IMG_0303_convert_20130306114719.jpg
隣にはアメリカ大使館がありました。写真を撮ろうとすると警備の人がすごい剣幕で制止してきました。

Khop Chai Deu (ラオス、ビエンチャン)





Khop Chai Deu (ラオス、ビエンチャン)レストラン&バー

今回紹介する多国籍料店、Khop Chai Deu(コップ・チャイ・デュー)のコップチャイはありがとうという意味です。場所はナンプー公園のとなりでレストラン&バーとなっています。

雰囲気もよく西欧料理も充実しているのでお客さんは欧米人でいっぱいでした。

欧米人はワインを飲みながら楽しそうに談笑しておりました。

このレストランはビエンチャンではかなり有名なので一度行くことをお勧めします。

IMG_0286_convert_20130305094141.jpg
Khop Chai Deu(コップ・チャイ・デュー)多国籍料理店

IMG_0287_convert_20130305095700.jpg
西欧料理もあるので欧米人でいっぱいです。

IMG_0288_convert_20130305095732.jpg
僕らはやはりラオ・ビア ラオスのビールです。かなり飲んでしまったあとの撮影ですが・・

IMG_0290_convert_20130305095807.jpg
ガイヤーン

IMG_0292_convert_20130305095836.jpg
肉料理

IMG_0294_convert_20130305095924.jpg
サラダです。

ナンプ広場(ラオス、ビエンチャン)





ナンプ広場(ラオス、ビエンチャン)

ビエンチャンのランドマークの一つナンプ広場。

ナンプ広場は2012年に改装してだいぶ綺麗になりました。

ナンプ広場は別名Fountain Square いわゆる噴水がある公園です。

噴水を囲むようにおしゃれなお店が集まっています。まだお客さんはあまりいませんが知名度も徐々にあがってくると賑やかになりそうな場所です。

IMG_0280_convert_20130305093915.jpg
噴水広場ことナンプ広場

IMG_0281_convert_20130305093941.jpg
噴水が綺麗な割に周りは誰もいません。

IMG_0282_convert_20130305094002.jpg
おしゃれなレストランもありますね。ラオスはどんどん進化しています。

IMG_0283_convert_20130305094025.jpg
本来ならお客さんでいっぱいになるんでしょうけど・・

IMG_0284_convert_20130305094051.jpg
向こうに何人か見えますがすべてお店のスタッフです。

IMG_0285_convert_20130305094119.jpg
新スポットになること間違いなしですね。

ラオスのビール ビア・ラオ(ビエンチャン)





ラオスのビール ビア・ラオ(ビエンチャン)

メコンの川岸でビア・ラオを飲むつもりでしたが、飲めそうになかったので街中へ移動しました。

夕方前で時間も時間でしたのでたいていのお店が夜の開店準備中で営業をしていなかったのですがようやくビールが飲めそうなお店を発見しました。

念願のラオスで飲むビア・ラオです。

ビア・ラオ(Beerlao)はラオス初の国産ビールで飲み口は軽くまろやかで飲みやすいビールです。よくタイで飲むハイネケンに似ているかもしれません。

IMG_0276_convert_20130304115535.jpg
ラオスキッチンへ行ってみましたがオープンしておりませんでした。残念!

IMG_0277_convert_20130304115557.jpg
ラオスキッチンの店内 誰もいません。

IMG_0278_convert_20130304115622.jpg
ラオスキッチンから歩くこと数分 ようやく営業しているお店を見つけました。さっそくパタヤビーチでエンジョイ A GO GO ! のkojiさんと乾杯のラオスのビール ビア・ラオです! 飲み口は非常に軽く飲みやすいです。

IMG_0279_convert_20130304115648.jpg
焼き春巻き ベトナムでおなじみですね。

悠久の大河メコンを眺めて(ビエンチャン)





悠久の大河メコンを眺めて(ビエンチャン)

メコン川が見える場所に到着です!

悠久の大河メコンだ!

と思ったら護岸工事が最近行われたらくし、感動すらおきません!

ちょっと残念ですね。ノンカイから見るメコン川の方が旅情がありいいかもしれません。

IMG_0265_convert_20130304041156.jpg
メコンの川岸に到着です!

IMG_0266_convert_20130304041226.jpg
中国の影響を受けている感じの建物ですね。

IMG_0267_convert_20130304041246.jpg
メコンの川岸はかなり整備されています。

IMG_0268_convert_20130304041305.jpg
以前はここにレストランやお店などがありメコン川を眺めながらビアラオを飲む!最高の場所だったのに・・

IMG_0269_convert_20130304041328.jpg
ちょっと残念ですね。

ビエンチャンの様子(ラオスの首都)





ビエンチャンの様子(ラオスの首都)

お昼も食ベ終わり運動がてらメコン川を見に行くことにしました。

ビエンチャンはラオスの首都とはいえ、タイで言えば地方都市程度の人口ですので正直言って何もありません!

しかしのんびりとビエンチャンでロングステイ・長期滞在するのも悪くないかもしれませんね。

IMG_0258_convert_20130303141259.jpg
ラオスのトゥクトゥク

IMG_0259_convert_20130303141343.jpg
お好み焼き居酒屋 大阪ハックチャオ

IMG_0261_convert_20130303144009.jpg
歩いていたらおいしそうな料理が並んでいます。

IMG_0262_convert_20130303144029.jpg
ちょっとおなかがすいたので注文しちゃいました。

IMG_0263_convert_20130303144050.jpg
安くて美味しそうですね。

IMG_0264_convert_20130303144111.jpg
ラオスのトゥクトゥク 昔タイのトゥクトゥクもこんな感じでしたね。

IMG_0270_convert_20130303144158.jpg
カフェ 多くの欧米人がのんびりとしていました。

IMG_0271_convert_20130303144233.jpg
タイでおなじみのフジレストランもあります。

IMG_0272_convert_20130303144255.jpg
ビエンチャンのフジレストラン

IMG_0273_convert_20130303144336.jpg
らーめん亭

IMG_0274_convert_20130303144317.jpg
イスタンブール料理

ラオスの国民的麺 カオ・ピヤック・セン





ラオスの国民的麺 カオ・ピヤック・セン

ゲストハウスに到着して早速お昼ご飯となりました。

ちょっと麺が食べたかったのでラオスの代表的な カオ・ピヤック・センを食べることにしました。

カオはお米、ピアックはおかゆ センは麺 いわゆる「米麺のお粥」です。

カオピアックセンのスープにはとろみがあって麺は驚くほどにモチモチしておりました。

ベトナムのフォーに似ていますが、めんのもちもち感がありますので似てあらざるものでした。

写真の具は血を固めたレバーです。タイでも定番ですね。


IMG_0257_convert_20130303141229.jpg
カオ・ピヤック・セン 5,000キップ 日本円で50円程度です。 
いわゆる『おかゆ麺』モチモチ感があってとろとろ!新感覚ですね。

ラオスの首都、ビエンチャンの町並み





ラオスの首都、ビエンチャンの町並み

ラオスのバスターミナルに到着して、本日宿泊するゲストハウスに向かうべく歩いていくことにしました。

by Lao Tourism department , Ministry of Information,Culture and Tourism によると

ラオスの首都であるヴィエンチャンは、メコン川沿いに作られたラオス最大の都市で、16世紀の半ばごろにセタティラート王King Setthathirat(1548-1571)により首都に定められた。

そして現在も政治、経済の中心地で、空路、陸路での出入国のメインゲートともなっており、他の県とは違う行政特別市となっている。

なるほど・・

IMG_0250_convert_20130302153537.jpg
ラオスはフランスの統治下にありましたので、至る所でフランスの影響が見受けられます。

IMG_0251_convert_20130302153604.jpg
サイアム銀行がありますね。

IMG_0252_convert_20130302153623.jpg
ランサン通りをメコン川へ向かって歩きます。

IMG_0253_convert_20130302153643.jpg
ビエンチャンの中心部なのでおしゃれなお店が結構ありますね。

IMG_0254_convert_20130302153711.jpg
Khop chai deu 雰囲気の良いレストランですね。

IMG_0255_convert_20130302153748.jpg
ようやくゲストハウスに到着しました。このあたりは安ホテルとゲストハウスが密集しているそうです。

IMG_0256_convert_20130302153823.jpg
ゲストハウス前にはトゥクトゥクの運転手が屯しています。

タイ・ラオス友好橋





タイ・ラオス友好橋

ラオス側イミグレーション行きのバス乗り場まで随時運行されているバスにのり出発しました。

メコン川の上にかかる橋はタイ・ラオス友好橋といいオーストラリアの援助で完成したそうです。

10分ほどでラオスのイミグレーションに到着しました。

さっそくラオスのイミグレーションでパスポートを見せ、ラオスのスタンプを押されようやくラオスに行くことができます。

ラオスのイミグレーションからラオスの首都ビエンチャン市街までさらにバスで移動です。

IMG_0231_convert_20130302145128.jpg
タイのイミグレーション タイから出国です。

IMG_0232_convert_20130302145203.jpg
ラオスのイミグレーションまでのバスチケットを購入する必要があります。

IMG_0233_convert_20130302145243.jpg
ラオスのイミグレーションへのバス代は15バーツ!

IMG_0234_convert_20130302145312.jpg
バスに乗車します!

IMG_0236_convert_20130302145342.jpg
タイ側なのでタイ国旗が見えます!

IMG_0238_convert_20130302145406.jpg
タイ・ラオス友好橋は全長1,174メートル

IMG_0239_convert_20130302145426.jpg
タイの王室の国旗

IMG_0240_convert_20130302145456.jpg
ラオスに入国する場合日本人は、観光目的で15日未満の滞在の場合はビザは不要です。

IMG_0242_convert_20130302145523.jpg
ノンカイ駅からラオスのターナレーン駅まで6.15kmがタイ国有鉄道によって1日2往復の定期旅客列車の運行しています。

IMG_0243_convert_20130302145553.jpg
ノンカイはバンコクからおよそ600キロ離れています。

IMG_0244_convert_20130302145614.jpg
もうそろそろラオスです。

IMG_0245_convert_20130302145700.jpg
ラオスの国旗が見えました。もうラオスですね。

IMG_0246_convert_20130302145637.jpg
ラオスは人口630万人の小国です。

IMG_0247_convert_20130302145725.jpg
ラオスのイミグレに到着しました。

IMG_0248_convert_20130302145745.jpg
ラオスのイミグレ

IMG_0249_convert_20130302145900.jpg
ラオスのバス 日本からの援助でしょうか?日本の国旗が張ってありますね。


悠久の川 メコンを眺めて(ノンカイ)





悠久の川 メコンを眺めて(ノンカイ)

早速ノンカイに着いてメコン川が見えるところまで移動することにしました。

移動中に意外にファラン(白人)が至ることで歩いている姿がみられ驚きました。

どうやらノンカイはバンコクに比べ涼しくて物価がだいぶ安いのでロングステイ・長期滞在をしている白人が多いらしいですね。

それにラオスとの国境がすぐなのでビザの更新もしやすいのがいいのかもしれませんね。

IMG_0210_convert_20130301104957.jpg
サムローかトゥクトゥクわかりませんが、おやじさんにメコン川が見えるところまで連れて行ってもらうことにしました。

IMG_0212_convert_20130302090011.jpg
ラビアンメコン レストラン&ゲストハウスに到着です。この下をくぐると・・

IMG_0213_convert_20130302090046.jpg
ターサデット市場、いわゆる商店街ですね。アーケードを歩いて行くことにしました。場所柄中国製品があふれていました。

IMG_0214_convert_20130302090110.jpg
悠久のメコン川です! 感慨深いですね・・

IMG_0215_convert_20130302090135.jpg
ふと、落ち着く風景ですね。

IMG_0216_convert_20130302090157.jpg
向こうに見えるのは水上レストランです。夜になると幻想的になるんでしょうね。

IMG_0217_convert_20130302090217.jpg
向こう岸はラオスです。

IMG_0218_convert_20130302090247.jpg
観光客用に像がいます。

IMG_0219_convert_20130302090312.jpg
メコン川

IMG_0220_convert_20130302090329.jpg
陛下の波止場?外国人は利用できないそうですがラオスにここから行くことができるそうです。

IMG_0225_convert_20130302090357.jpg
ノンカイ駅に着いたのが朝なのでまだ何も食べていません。メコン川が見えるレストランで朝食をとることにしました。

IMG_0226_convert_20130302090418.jpg
トムヤムクン

IMG_0227_convert_20130302093857.jpg
朝食も食べたので早速イミグレに行くことにしました。

IMG_0228_convert_20130302093924.jpg
この先はラオスとの国境です。





鉄道の旅ノーンカイへ





鉄道の旅ノーンカイへ

タイの車内泊は本当に寒かった!タイに移住しているSAさんが「長袖は持ってきた方がいいですよ」とアドバイスがあったので助かりました。タイは南国ですが車内は真冬みたいに寒かったです。

もうそろそろノーンカイに到着しそうですがやはり定刻通りとは行きません。到着時間は8時25分ですがもう既に9時を過ぎております。

日本の鉄道がいかに素晴らしいか実感できる旅でした・・

IMG_0203_convert_20130301104650.jpg
車内からの景色 車内が慌ただしくなってきました。ようやくノーンカイに着きそうです。

IMG_0204_convert_20130301104715.jpg
イサーンは乾いた大地です。灌漑施設もあまり整っていませんので米も年に1回しか作れないそうです。

IMG_0205_convert_20130301104733.jpg
タイにいるとよくイサーン出身と聞くことがあると思いますが、イサーンとはコラート高原とその周辺地域(20県)をさし、タイの東北部のことを言います。タイの人口と面積の1/3をしめる大きな地方で8割はラオ系で共通語はイサーン語。

IMG_0207_convert_20130301104820.jpg
タイ東北地方(イサーン)の生活文化圏としてはラオスの文化圏に入り、バンコクを標準としたタイ中央部とはかなり異なる言語や食習慣を持っています。

IMG_0206_convert_20130301104751.jpg
イサーンは北イサーンと南イサーンとに分かれており、北イサーンはラオス語圏文化の影響を受けており、インディカ米を主食としておりいわゆる「もち米」である。

IMG_0208_convert_20130301104838.jpg
ノーンカイ駅 バンコクに比べだいぶ涼しいですね。

IMG_0209_convert_20130301104912.jpg
長旅でした・・ ノーンカイ駅に到着です。

IMG_0210_convert_20130301104957.jpg
ノーンカイ駅改札から出るとさっそく彼らが出迎えてくれます。バンコクのようにタクシーはほとんど走っていません。

IMG_0211_convert_20130301105017.jpg
たまには鉄道で移動するのもいいもんですね。鉄道の旅は寒かったですが楽しかったです。

バンコク、ファランポーンからノーンカイ(イサーン)へ





バンコク、ファランポーンからノーンカイ(イサーン)へ

今回は訳あって、来タイしたパタヤビーチでエンジョイ!A GO GO!!の kojiさんとタイに移住されているSAさんとでラオスの首都ビエンチャンに行くことになりました。

ラオスの首都ビエンチャンへはタイトラオスの国境の街ノーンカイまでファランポーン駅からタイ国鉄で行く旅になります。

実はこの旅は1月3日に行ったときの話になります。写真をiPhone5で撮ったのですがブログにアップできない重さだったので、ちょっと手こずっていました。

ノーンカイはイサーン地方でもかなり北の方に位置しております。

ファランポーン駅からノーンカイ駅まで20:00発〜8:25分着 758バーツ!

IMG_0190_convert_20130301100145.jpg
バンコク中央駅 ファランポーン駅

IMG_0187_convert_20130301102939.jpg
ファランポーン駅の待合室 日本の鉄道のように電車の運行本数が極端に少ないので、待合室で数時間過ごすのは此の様にざらですね。

IMG_0185_convert_20130301095937.jpg
チケットカウンター

IMG_0188_convert_20130301100046.jpg
ファランポーン駅のプラットホーム

IMG_0189_convert_20130301100120.jpg
ノーンカイ行きの列車 今回はこの列車に乗ることになりました。

IMG_0195_convert_20130301100441.jpg
寝台列車です。

IMG_0192_convert_20130301100256.jpg
列車内の様子 夜寒くなるのでタイの鉄道に乗るときは長袖必須です!

IMG_0193_convert_20130301100355.jpg
個室もあるそうです。

IMG_0198_convert_20130301100507.jpg
座席より車内の様子



プロフィール

タイでロングステイ 自在人

Author:タイでロングステイ 自在人
初めまして!自在人と申します。
自在人 の名前ですが、海外で暮らすこと(ロングステイ・長期滞在)を好きな時にしたいだけ『自在に』できる人になれるように名前を付けました。

1995年11月の海外旅行で初タイ。エキゾチックな文化に魅了される。
それから折を見てはタイへ行くことが仕事のモチベーションとなる。

ある時 パタヤのビーチでふと「タイに将来移住したいな」と本気で考えるようになったのが始まりです。


タイバーツ満員御礼両替所


タイでロングステイをするのならどの都市が良いですか

投票をすればタイでのロングステイ・長期滞在の人気エリアがわかります! タイのどの都市でロングステイをしたいですか?


旅行情報はトリップアドバイザー

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。


タイのホテルはアゴダで予約!

アゴダ予約ページ


タイ ロングステイ専門サイト

タイロングステイ


タイのエリア情報


タイの情報はこちら!


タイに関するブログはこちらでチェック!


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ ポチッとご協力をお願いします! ジモモ バンコク タイと日本のコミュニケーションサイト!タイ、バンコクで遊ぶ、タイ語を学ぶ、タイでの求人・求職、掲示板やお勧めクーポン情報


バンコクの天気

Find more about Weather in Bangkok (Don Mueang), TH


タイの時刻


自在人のつぶやき


最新記事


月別アーカイブ


検索フォーム


タイをもっと知りタイ!

このブログをリンクに追加する


QRコード

QR


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ相互リンクを受付けております。 連絡お待ちしております。